ホワイトニングに危険性はあるの?ホワイトニングで起こりえる悪影響を解説!

ホワイトニングは歯を漂白する施術なので、「歯が弱くなるのではないか」「歯が溶けてしまわないだろうか」など不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし心配ありません。歯科医院のホワイトニングは、安全な施術です。
しかし、自己流でホワイトニングを行うなどすると、歯や口に悪影響がある場合があります。今回は、様々な方法でホワイトニングを行った場合、起こりえる悪影響またその危険性について解説したいと思います。

ホワイトニング悪影響_画像1

1.歯科医院のホワイトニングの安全性

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの安全性について、「ホワイトニング薬剤の安全性」「ホワイトニングで起こりえるトラブル」について解説し、トラブルが起こらないように歯科医院が行っていることを紹介したいと思います。

ホワイトニング悪影響_画像2

1.ホワイトニング薬剤は安全か

ホワイトニング剤の主な成分は、「過酸化水素」です。過酸化水素は、様々な用途で使用されており、例えば消毒用オキシドールは、濃度3%の過酸化水素です。オフィスホワイトニングでは、濃度35%以下のものが使用されています。ホワイトニングでは、安全な濃度の薬剤を使用していますが、濃度が高い過酸化水素の場合は、火傷や炎症を引き起こす恐れがあります。
オフィスホワイトニングにおいては、歯以外の部分(唇や歯ぐき等の粘膜)に薬剤が付着しないよう、適切な方法で施術を行っています。

2.歯科医院のホワイトニングで起こりえるトラブル

ホワイトニングの施術中や施術後に起こる可能性があるトラブルには、次のトラブルが考えられます。

  • 痛みや知覚過敏
    過酸化水素による刺激が歯の神経に伝わると、痛みや知覚過敏を起こす事があります。歯に欠けやひび割れ、虫歯などがあると、神経に刺激が伝わりやすくなります。治療をしてからホワイトニングを行う方が望ましいですが、歯科医師とよく相談の上、刺激が伝わりやすい箇所に保護剤を塗布し、注意深くホワイトニングを行う事も可能となる場合もあります。また、既に知覚過敏がある人は、痛みがおきやすいので注意が必要です。
  • 変色や色ムラ
    ホワイトニングを行った後、「ホワイトスポット」と言われる白い斑点や「色ムラ」ができてしまう事があります。これは、元々歯の表面にあったものが、ホワイトニングを行う事で、より目立ってしまったものです。多くの場合、2〜3日で色が馴染んで目立たなくなりますが、どうしても色が気になる場合は、経過をみた後、人工的な素材に修復する事があります。

3.トラブルが起こらないように歯科医院が行っていること

歯科医院のホワイトニングでは、痛みや知覚過敏、変色や色ムラといったトラブルが起こる事があります。そのようなトラブルを未然に防ぐために、歯科医院では、様々な対処法を行っています。

  • 施術前の口腔内診査
    施術前に、痛みや知覚過敏が起きやすい箇所は無いか、虫歯や歯周病が無いかを診査します。治療の必要があれば、できるだけホワイトニングの施術前に治療を行います。また、白くなりにくい歯や、神経が無く白くならない歯の有無を確認します。
  • 施術前の歯のクリーニング
    ホワイトニング前に、歯のクリーニングを行い、表面の汚れを落とします。
  • 歯ぐき保護剤の塗布
    ホワイトニング薬剤が歯ぐきに付着すると、歯ぐきの変色を招く事があります。そうならないように、ホワイトニング剤が歯ぐきに付着しないよう、丁寧に保護剤を塗布します。
  • しみ止めの塗布
    当院では、施術後に必ずしみ止めの薬を塗布しています。歯の神経に刺激が伝わりづらくなるため、施術後の痛みが軽減されます。
  • 痛み止めの処方
    万が一痛みが出てしまった時のために、痛み止めを処方します。痛みが出てしまったら、用法用量を守って服用するようにしてください。

2.ホワイトニングを避けた方が良いケース

安全にホワイトニングを行うため、ホワイトニングを避けた方が良いケースもあります。次のようなケースは、深刻な症状を招く可能性や、強い痛みが出る可能性があります。

ホワイトニング悪影響_画像3

1.無カタラーゼ症の人

無カタラーゼ症の人は、絶対にホワイトニングを行ってはいけません。無カタラーゼ症は、過酸化水素を分解する酵素「カタラーゼ」が不足している病気です。ホワイトニングでは、薬剤に「過酸化水素」を使用します。無カタラーゼ症は、過酸化水素を分解する事ができないため、薬剤が有害物質として体内に残ってしまいます。進行性口腔壊死などの危険な症状を招く事があるので、事前に十分確認をしなくてはなりません。

2.妊娠中または授乳中の人

妊娠中または授乳中の人は、ホワイトニングを行う事ができません。危険だというデータがあるわけではありませんが、安全性の確認もできていないのが現状です。妊娠中や授乳中の身体はデリケートです。いつもは起こらない反応が出てしまう可能性もあるので、ホワイトニングは避けるようにしましょう。

3.光過敏症の人

光過敏症の人は、強い光を浴びる事で、皮膚に赤い斑点や水泡ができる事があります。オフィスホワイトニングは、ハロゲンやLEDのライトを使用するので、避けた方が良いでしょう。ホームホワイトニングであれば可能です。

4.歯にダメージがある人

歯に欠けや割れなどのダメージ、大きな虫歯がある場合は、強い痛みが出る可能性があります。歯科医師が施術前に口腔内診査を行い、ダメージの状況によっては、ホワイトニングを避けた方が良い事もあります。
また、中程度〜重度の歯周病がある場合は、歯ぐきを痛める可能性があるので、歯科医師が口腔内診査を行い、ホワイトニングができるかを判断します。

3.個人輸入のホワイトニング剤の使用、自己流ホワイトニングには注意!

歯を漂白する効果のある「過酸化水素」配合のホワイトニング剤は、日本では、医療機関以外は取り扱う事ができませんが、「個人輸入」という形であれば、購入する事が可能です。しかし危険性もあるので注意しなくてはなりません。
ここでは、個人輸入のホワイトニング剤の使用や、自己流ホワイトニングの危険性について解説します。

1.個人輸入のホワイトニング剤の危険性

インターネットでホワイトニング剤を個人輸入する方法があります。個人輸入で購入したホワイトニング剤は、歯科医院でホワイトニングをするよりも価格が安い事が多く、安易な気持ちで使用してしまう人も少なくありません。
しかし、個人輸入のホワイトニング剤を使う事は、基本的におすすめできない方法です。
欧米人に比べ日本人は、歯のエナメル質が薄い事がわかっています。欧米人に向けて販売しているホワイトニング剤を自己判断で使用すると、歯や歯ぐきにダメージを与えてしまう可能性があります。

2.自己流ホワイトニングの危険性

ホワイトニングは、歯科医師の指示の元で行うようにしましょう。次のような方法でのホワイトニングは、十分な効果が期待できないばかりか、歯を痛める危険性があるので、行わないようにしましょう。

  • ホームホワイトニングを自己流で行う
    ホームホワイトニングは、決められた装着時間やジェルの量を守る事が大切です。装着時間やジェルの量を自己流で行うと、知覚過敏や痛みを起こす事があります。
  • 重曹ホワイトニング
    重曹には、歯のクリーニング効果はありますが、歯のホワイトニング効果はありません。重曹を使って歯をみがくなどの自己流のホワイトニングは、歯や粘膜を傷つける恐れがあります。
  • クエン酸や酢酸系配合の薬剤
    そもそも、歯のホワイトニング薬剤で、クエン酸や酢酸系が配合されたものは認可されていません。歯の表面を溶かす成分が配合されているので、歯を傷つける恐れがあります。
  • セルフホワイトニング
    セルフホワイトニング専用のサロンに出向き、自分で施術を行う方法です。薬剤は、基本的に安全なものが使われていますが、自分で施術を行うため、自己責任となります。歯のクリーニング効果はありますが、歯自体を白くするホワイトニング効果はありません。仮にホワイトニング効果のある薬剤を使用していたら、違法となります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。歯科医院で行うホワイトニングは、安全な施術です。
トラブルを防ぐために、施術前には十分な問診と口腔内診査を行い、ホワイトニングを避けた方が良いケースだと判断された場合には、ホワイトニングを行わない事があります。
また、危険性を伴う可能性があるホワイトニング方法として、個人輸入のホワイトニング剤の使用、自己流でのホワイトニングには、十分に注意が必要です。

関連記事