重層でホワイトニングできるの?重曹ホワイトニングとは

最近、重曹で行うホワイトニングが話題になっています。果たして効果はあるのでしょうか?重曹の効果と注意点について詳しく解説していきたいと思います。

1.重曹ホワイトニングとは

重曹には、汚れを落とす力があるため、重曹を使うと歯が白くなるように感じる事があります。そのことから「ホワイトイング効果があるのでは」と言われるようになりました。しかし実際には、重曹を使ったホワイトニングには、多くの疑問があります。効果や注意点をよく理解した上で、自己責任で行う形になります。

重層ホワイトニング画像1

(1)ホワイトニング効果があるのか?

厳密には、ホワイトニング効果はありません。
歯科医院で行われるホワイトニングは、過酸化水素が含まれたホワイトニング剤を用いて、歯の内部の着色を漂白するので、“歯の色自体”が白くなります。一方、重曹は、歯の表面に付着している汚れを分解し、研磨作用により汚れを落としているものなので、ホワイトニング効果では無く、クリーニング効果があるという事になります。歯そのものを白くしたい場合には、重曹ホワイトニングでは無く、ホワイトニングを検討する事をおすすめします。

(2)重曹の使い方

お口のケアに重曹を使うやり方は、2種類あります。

a. 重曹歯磨き

歯ブラシに直接重曹を付けるか、ハッカ油やグリセリンと混ぜてペースト状にしたものを付ける方法があります。重曹を付けた歯ブラシで、通常と同じように歯磨きをします。歯の表面に付着した汚れを取る事ができます。

b. 重曹うがい

ティースプーン1杯の重曹を水500ml程度の水に溶かして、うがいに使用します。500mlのペットボトルなどに水を入れて、重曹を振って溶かします。歯磨き後や飲食後に、この重曹水でぶくぶくうがいをします。

重層ホワイトニング画像2

(3)そもそも重曹とは何?

「重曹」は部屋のお掃除などでも使用する事があるため、ご存知の方も多い物質だと思います。重曹は、炭酸水素ナトリウムの事で、自然界に存在している物質で、人体にも無害で口に入れても安心です。日常生活で利用する場面は多く、掃除や洗濯、美容や料理に使われています。
汚れをこすり落とす研磨作用や、弱アルカリ性である性質から酸性を中和し、脂汚れを落としたり、臭いを中和する消臭作用もあります。
このように、汚れをきれいにする作用があり、お口に入れても安心な物質である事から、「重曹で歯が白くなる」という情報が広まったのではないかと考えられます。

2.重曹を使う場合の注意点

(1)研磨作用

重曹は、研磨作用の強い物質です。繰り返し使用すると、歯の表面の汚れを落だけでなく、歯自体を削って傷つけてしまう恐れがあります。歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうと、知覚過敏等の痛みが生じる可能性があります。
また、エナメル質の下の象牙質が見えるようになると、象牙質は黄色みがかった色をしているため、歯が黄ばんで見えるようになってしまいます。
傷が付いた歯の表面は、汚れが付着しやすくなるので、汚れをとってもとってもすぐに付いてしまうという悪循環にも陥りがちです。

(2)口の中の粘膜への刺激

重曹は、アルカリ性なので、使用頻度が高すぎたり、濃度が高すぎると、口の中の歯ぐきや舌や喉などの粘膜を刺激してしまい、炎症を起こしてしまう事があります。

(3)塩分の過剰摂取

重曹は、塩と同じナトリウム化合物で構成されています。重曹を舐めてみると、しょっぱい味がするのがわかると思います。
重曹による歯磨きやうがいで、誤って重曹を飲み込んでしまうと、塩分を過剰に摂取する事になるので、注意が必要です。腎臓の病気などで、塩分の摂取を制限されている方は、特に注意が必要です。

(4)歯石沈着

重曹はアルカリ性の物質なので、口の中に取り入れると、口の中の環境自体がアルカリ性に傾いてしまいます。通常お口の中は中性に近い弱酸性に保たれているのが、アルカリ性に傾く事によって、歯石が付きやすくなります。歯石は、細菌の住処となり、歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病の原因となりますので、注意が必要です。

3.歯磨きで歯を白くする方法

重曹を使った歯磨きは、これまで説明してきたようにリスクがあります。それに、歯の表面の汚れを除去する事はできても、歯自体の色は変わりません。重曹を使うのと同じように、毎日の歯磨きで手軽にホワイトニングをするのであれば、ホワイトニング用の歯磨き粉がおすすめです。市販されているものの多くは、歯の表面の汚れを落とすだけのクリーニングを目的としたものですが、当院で販売されているホワイトニング歯磨き粉は、ホワイトニング成分が含まれています。

<当院で販売されているホワイトニング歯磨き粉の特徴>

アメリカから直輸入しているため、歯自体を白くする成分である“過酸化尿素”が含まれています。過酸化尿素は、ホームホワイトニングでも使用される薬剤で、ホワイトニング効果のある成分です。
研磨剤は含まれていないため、歯を傷つける心配もありません。即効性は無いですが、歯を傷つける事なく着色を落とし、歯自体の色をホワイトニングする事ができるオススメの歯磨き粉です。

4.早く白くしたい場合にはオフィスホワイトニング

いくらホワイトニング効果のある歯磨き粉でも、白くするのには時間がかかり、何段階も歯を白くするのは難しいでしょう。費用対効果が抜群なのは、やはり歯科医院で行うホワイトニングです。
ホワイトニング効果を早く実感したい方、歯をもっともっと白くしたい方は、一度歯科医院で行うホワイトニング「オフィスホワイトニング」がオススメです。

重層ホワイトニング画像3

(1)オフィスホワイトニングとは

歯科医院で行うホワイトニング方法で、歯の表面にホワイトニング剤を塗布した後、特殊な光を照射し、歯を白くする方法です。
ホワイトニング剤には、「過酸化水素」が使われていて、即効性があるのが特徴です。歯を傷つける事無く、歯を白くする事ができます。1度の施術で、ホワイトニング効果を実感できます。
色戻りを防ぎ、白さを維持するために、ホワイトニング歯磨き粉やホームホワイトニングを併用するのがオススメです。

(2)当院のホワイトニングライト「Zoomホワイトスピード」とは

当院では、1回の効果が高いホワイトニングライト「Zoom ホワイトスピード」を使っています。Zoomホワイトスピードは、ホワイトニング先進国のアメリカでシェアNo.1を誇る最新のマシーンです。
従来のホワイトニングライトは、1度の施術で1〜2段階白さをアップする事ができるもので、効果を出し、白さを定着させるためには、数回の通院が必要なものがほとんどでした。
Zoomホワイトスピードは、即効性がある1回の効果が高いので、個人差はありますが、1回の施術で平均6段階白くする事が可能です。色戻りも現れにくく、1年程度白さが持続する事もあります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。重曹には、クリーニング効果はありますが、ホワイトニング効果はありません。歯の色自体を白くしたい場合には、重曹では無く、歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。
重曹は、使用しすぎると、お口の中に悪影響を及ぼす事があります。歯や粘膜にダメージを与えてしまう可能性があります。
話題になっているからといって、むやみに使用するのは危険です。重曹を使う前に、そのリスク等をふまえ、歯科医院でのホワイトニングを含めて検討する事をオススメします。

関連記事