デュアルホワイトニングの方法とその効果

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニング方法です。

どちらか単独では到達できないレベルまで歯を白くする事ができます。

ホワイトニングの中で、最も歯を白くする事ができる方法だと言えるでしょう。

デュアルホワイトニングの方法とその効果、デュアルホワイトニングをおすすめするケースなどについて詳しく解説していきたいと思います。

デュアルホワイトニング画像1

1.デュアルホワイトニングの特徴

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングのメリットとホームホワイトニングのメリット両方が期待できる方法です。

即効性のあるオフィスホワイトニングの特徴と、じっくり白くし、色戻りしにくいホームホワイトニングの特徴を兼ね備えているので、歯の色を早く白くする事ができ、その色を維持し、より白くしていくのに最も効果的な方法です。

(1)オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

初めに、それぞれの特徴について説明していきたいと思います。

a.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯面にホワイトニング剤を塗布し、特殊なライトを照射して、歯を白くする方法です。薬剤には、過酸化水素を使います。

とにかく即効性があり、施術したその日に効果を実感できるのが特徴です。

<当院のオフィスホワイトニング>

オフィスホワイトニングには、いくつかのホワイトニングシステムがあり、歯科医院によって使用しているものが異なります。

当院では「Zoomホワイトスピードライト」を使用しています。

個人差がありますが、1回の効果が高いのが特徴です。

下記のシェードガイドで表すと、Zoomホワイトスピードライトは、平均で6〜8段階白さがアップします。

他のオフィスホワイトニングでは、1回で1〜2段階白さがアップするものが多い中、Zoomホワイトスピードライトは、非常に効果が高いオフィスホワイトニングシステムだと言えます。

デュアルホワイトニング画像2

b.ホームホワイトニング

歯科医院で自分専用のマウスピースを作製した後、自宅でホワイトニングジェルを入れたマウスピースを装着して、歯を白くする方法です。

基本的には、毎日装着して、2週間程度続けます。

ホワイトニングジェルは、一般的に過酸化尿素を使います。

過酸化尿素は、酸化反応の過程で過酸化水素に変化して、ホワイトニング効果を発揮します。

過酸化尿素は、過酸化水素に比べて酸化反応がゆっくりですので、ホワイトニング効果が現れるのにも時間がかかります。

ホームホワイトニングは、即効性がありませんが、じっくり白くしていくので、歯の内部にまで薬剤が浸透し、色戻りが少ないというメリットがあります。

<当院のホームホワイトニング>

当院では、ホームホワイトニング薬剤に過酸化水素を使っています。

オフィスホワイトニングで使われるものと比較すると低濃度なので、効果が現れるまでに時間がかかりますが、一般的な過酸化尿素のものと比較すると、比較的白くなりやすいです。

c.デュアルホワイトニング

つまりデュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングで一気に白くした後、ホームホワイトニングでアフターケアを行う事により、より白くし、白さを定着させていくという方法です。

(2)費用について

デュアルホワイトニングは、2つの種類のホワイトニングを行う事になるので、それだけコストも高くなります。基本的には、2つの料金を合わせたものになりますが、歯科医院によっては、セット割引などが適用される事もありますので、事前に確認すると良いでしょう。

費用相場は歯医者さんによって異なりますが、オフィスホワイトニングが15,000円〜50,000円程度、ホームホワイトニングが15,000円〜30,000円程度で、その合計額になります。

ただし、安いから良いというわけでは無く、効果の現れ方に差があります。

オフィスホワイトニングは、1回の効果が高いものを選ぶのがオススメです。

2.デュアルホワイトニングはこんな方におすすめ

(1)とことん白くしたい人

オフィスホワイトニングは、ある程度の白さに到達すると、繰り返し施術を行っても、それ以上の効果が感じられなくなってきます。

さらに白くしたい方は、ホームホワイトニングを併用する事で、それが可能となる場合があります。

(2)白さを長く維持したい

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較して、色戻りが少ないという特徴があります。

併用する事で、白さを長く維持する事ができます。

また、ホームホワイトニングジェルは追加購入する事ができるので、色戻りが気になってきたら、しばらくホームホワイトニングを行うなど、白さのメンテナンスを自分で行う事ができます。

(3)テトラサイクリン歯のホワイトニング

a.テトラサイクリン歯とは

テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系抗生物質を、永久歯の形成期間である出生直後8歳頃までに多量に服用する事で、変色している歯の事です。

歯の色が、グレー色や黄色、オレンジ色に変色し、全体的に暗いトーンになります。左右対称の縞模様が見られる事が多いのが特徴です。

b.テトラサイクリン歯のホワイトニング効果の現れ方

着色状態によって異なります。

着色の程度が重度の場合には、ホワイトニングでは白くするのが難しくなります。

程度が軽いものであれば、「過酸化水素」を使ったホワイトニングで白くなる可能性があります。

ただし、一般的な歯に比べて時間がかかるので、根気良く白くする気持ちで行いましょう。

ホームホワイトニングでじっくり白くするのがオススメで、オフィスホワイトニングとの併用で更に効果が期待できます。

3.デュアルホワイトニングのデメリット

(1)常に飲食物に注意が必要

ホームホワイトニングを行っている間は、毎日マウスピースを付ける必要があるため、常に飲食物に気をつける必要があります。

オフィスホワイトニングの後は24時間色の濃い飲食は控える必要があります。

ホームホワイトニングは1回あたりの効果がオフィスホワイトニングより小さいため、3,4時間だけの飲食の制限で済みます。

ホームホワイトニングを行うタイミングは夕食後や寝る前がお勧めです。

朝食まで時間があくので朝昼晩と好きな物を食べても白くなります。

注意が必要な飲食物をまとめると次のようになります。

<注意したい飲食物>

  • ポリフェノールを多く含む食品
    赤ワイン、大豆、ぶどう、ブルーベリー、チョコレートなど
  • お茶類
    コーヒー、紅茶、ウーロン茶など
  • 色の濃い食品
    カレー、醤油、ソース、ケチャップ、トマトなど
  • 着色補助食品
    直接着色するのでは無く、着色を助けてしまうものを着色補助食品といいます。
    炭酸飲料、アルコール、スポーツドリンク、柑橘系の飲食物、お酢、梅干しなど

(2)コストがかかる

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングその両方を行いますので、当然両方の費用がかかるためコストがかかります。

しかしホワイトニング効果が高いので、考え方によっては費用対効果が高いと言えます。

ホームホワイトニングは、最初に専用のマウスピースを作ってしまえば、ホワイトニングジェルを追加購入するだけで、継続的に使用する事ができます。

初めは、専用のマウスピースを作る必要があるので、費用は高くなりますが、ホワイトニングジェルだけであれば、数千円で購入する事ができます。

当院の場合ですと、ジェル4本(2週間分)6,400円、ジェル1本(約3〜4回分)1,600円で手軽に購入する事ができます。

デュアルホワイトニング画像3

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。デュアルホワイトニングは、とことん歯を白くしたい人や、白さを長く維持したい人、テトラサイクリン歯など単独では効果が期待できない人におすすめのホワイトニング方法です。

より白くしたい、白さを定着させたいという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事