デュアルホワイトニングの持続期間と効果が出るまでの期間について解説!

デュアルホワイトニングは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」を併用するホワイトニング方法です。

併用することで効果を高くするデュアルホワイトニングは、とことん歯を白くしたい人に人気ですが、その効果がどれくらい持続するのか、効果が出るまでどのくらいの期間が必要なのかといったことは知らない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、デュアルホワイトニングの持続期間と効果が出るまでの期間について解説していきたいと思います。

デュアルホワイトニング持続時間_画像1

1.デュアルホワイトニングとは

はじめに、デュアルホワイトニングについて、分かりやすく解説しておきたいと思います。
デュアルホワイトニングは、歯科医院で施術を行う「オフィスホワイトニング」と、自宅でマウスピースを装着して行う「ホームホワイトニング」を併用して歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングのメリットである効果の即効性と、ホームホワイトニングのメリットである効果の持続性を兼ね備えたホワイトニング方法です。どちらか単独では到達できないレベルまで、歯を白くする事ができます。

(1)デュアルホワイトニングの手順

  • 歯科医院でカウンセリングを受ける
    最初に、口腔内検査を行い、ホワイトニングができるかどうか、また適切なホワイトニング方法は何か、などカウンセリングを行います。施術の詳細や注意点などを説明します。
  • ホームホワイトニング用マウスピースの型取り
    ホームホワイトニングで使用する自分専用のマウスピースを作製するため、歯の型取りを行います。歯科技工士に作製してもらうため、出来上がりまでに2週間程度かかります。
    マウスピースは、1)来院して受け取り2)送料無料での郵送 から選べます。
    来院して受け取りが可能な場合は、マウスピースのお渡しと同時にオフィスホワイトニングを行う事ができます。郵送の場合には、今回の型取りと同時にオフィスホワイトニングを行います。
  • オフィスホワイトニングを受ける
    施術方法は、オフィスホワイトニング単独の時と同様です。歯面にホワイトニング剤(過酸化水素)を塗布し、ライトを照射して、歯を白くします。
  • ホームホワイトニングの開始
    オフィスホワイトニングから24時間経過してからホームホワイトニングを開始するのが一般的です。1〜2週間経過しても、効果に差はほとんど無いので、ホームホワイトニング用マウスピースが手元に届いてから、開始するのでも問題ありません。
デュアルホワイトニング持続時間_画像2

(2)デュアルホワイトニングがおすすめの人

  • とことん歯を白くしたい人
    オフィスホワイトニングは、ある程度の白さに達すると、それ以上の効果は見込めません。さらに白くしたい方は、デュアルホワイトニングにするのがおすすめです。
  • 白さを長く維持したい人
    ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較して、色戻りがしにくいという特徴があります。デュアルホワイトニングにする事で、白さを長く維持する事ができます。
    この後の「デュアルホワイトニングの持続期間」で更に詳しく解説したいと思います。
  • テトラサイクリン歯
    テトラサイクリン歯とは、永久歯の形成期間(出生直後〜8歳頃)までに服用したテトラサイクリン系抗生物質の影響で、生まれつき変色している歯の事です。テトラサイクリン歯の歯質は、ホワイトニングで白くなりにくいですが、変色の程度が軽度のものであれば、時間はかかりますが、白くできる事があります。
    オフィスホワイトニングだけでは、効果が現われにくいので、ホームホワイトニングでじっくり白くするのがおすすめです。デュアルホワイトニングでは更に効果が現われやすくなります。

2.デュアルホワイトニングの持続期間

デュアルホワイトニングの持続期間は1年です。個人差がありますので、人によっては、さらに長い期間、白さが持続できる事もあります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、どちらか単独だけの場合と比較すると、持続期間は長くなります。

適切なアフターケアを行う事で、効果の持続期間を更に延ばす事ができます。

(1)ホームホワイトニングを継続して持続期間を延ばす方法

ホームホワイトニングのメリットとして、ホワイトニングジェルの追加購入をする事で、自分のペースで自由度の高い使い方ができる点が挙げられます。
基本となる2週間ホームホワイトニング行った後も、アフターケアとして継続的にホームホワイトニングを行うのがおすすめです。

色戻りを感じてきたら、数日間ホームホワイトニングを行い、希望通りの白さに戻ってきたら、一旦使用を中止するようにします。このように継続してケアをしていく事で、長期間、歯の白さを継続する事ができます。

(2)ホワイトニング歯磨き粉を使う

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する事で、効果が持続しやすくなります。通常の歯磨き粉と同様に、毎日の歯磨きで使用します。
ただし、様々な種類の「ホワイトニング歯磨き粉」が市販されており、中には効果が無いものや、歯を傷つける恐れがあるものもあります。歯磨き粉の選択には十分に注意する必要があります。できれば、歯科医院で販売しているものを、歯科医師/歯科衛生士の指示の元で使用するようにしましょう。

当院でも、ホワイトニング歯磨き粉を取り扱っています。ホワイトニング剤にも含まれる「過酸化尿素」が配合された歯磨き粉ですので、ホワイトニング後のアフターケアとして大変おすすめできる商品です。

3.白さを持続させるための日常生活での注意点

日常生活でも注意できる事があります。

(1)着色しやすい物を控える

飲食物や煙草など、着色しやすい物をできるだけ控える事で、白さを持続しやすくなります。

【着色しやすい飲食物】

  • コーヒー、紅茶、緑茶など
  • 赤ワイン、ぶどう、チョコレートなどポリフェノールを含むもの
  • カレーやトマトソースなど色の濃い飲食物
  • 色の濃い調味料(醤油、ソース、ケチャップ等)

【着色を助ける飲食物】

  • 柑橘類
  • 炭酸飲料
  • アルコール飲料
  • 酢、クエン酸

オフィスホワイトニング施術後24時間は、再着色を着色しやすい飲食物は摂取しないようにしましょう。その後は、完全に控える必要はありませんが、「着色しやすい飲食物」と「着色を助ける飲食物」を同時に摂取しない工夫をすると良いでしょう。

(2)丁寧な歯磨き

普段から丁寧な歯磨きを心掛け、特に着色しやすい物を食べた後は、丁寧な歯磨きをするようにしましょう。外食などで、歯磨きができない場合には、ぶくぶくうがいをするだけでも良いです。

4.効果が出るまでの期間

オフィスホワイトニングは即効性があるため、効果は1日目から現われます。
当院で行うデュアルホワイトニングの場合、オフィスホワイトニング終了時点で、シェードガイド(下図)で平均6段階程度、歯を白くする事ができます。

その後のホームホワイトニングで、時間をかけてさらに白くしていきます。歯の質によりますが、デュアルホワイトニングでは、10段階程度白さをアップさせる事も可能です。

デュアルホワイトニング持続時間_画像3

ホームホワイトニング単独の場合には、効果を感じ始めるまでに2週間程度かかりますが、デュアルホワイトニングは、最初に即効性のあるオフィスホワイトニングを行うため、すぐに効果を感じる事ができます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングのメリットである効果の即効性と、ホームホワイトニングのメリットである効果の持続性を兼ね備えたホワイトニング方法です。

デュアルホワイトニングの持続期間は1年以上と長く、適切なアフターケア
を行う事で、さらに効果は持続します。また、効果が出るまでの期間は短く、最初にオフィスホワイトニングを行ったその日から、効果を感じる事ができます。「とことん歯を白くしたい人」「今までのホワイトニングでは納得のいく白さにならなかった人」は、デュアルホワイトニングという方法を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事