歯に着色しやすい飲み物・食べ物まとめ

歯の黄ばみの原因で最も多いのは飲食物によるものです。歯の黄ばみを防ぐためには、着色しやすい飲み物・食べ物をできるだけ避ける事が必要です。明らかに色が濃く着色しやすいと感じるもの以外にも、意外な飲食物が着色の原因となっている事もあります。歯に着色しやすい飲み物・食べ物をまとめますので、是非チェックをしてみてください。

画像1歯に着色しやすい飲み物・食べ物まとめ

1.着色しやすい飲み物・食べ物

(1)唾液に色が付く濃い色の物

一般的に色の濃い飲食物は、唾液に色が付きやすく、その唾液の色が、歯に着色していきます。
醤油、味噌、ソース、焼き肉のタレ等、色の濃い調味料は着色しやすくなります。着色しにくい調味料では、塩やハーブスパイスがおすすめです。
ケチャップやトマト、また人参などの緑黄色野菜も着色しやすくなります。

(2)ポリフェノールやアントシアニンを含む物

赤ワイン、ブルーベリー、ブドウ、イチゴ、チョコレートやココア等はポリフェノールやアントシアニンを多く含む、着色しやすい飲食物です。

イソフラボンもポリフェノールの一種です。豆腐や納豆などに含まれる大豆イソフラボンも着色の原因となります。

(3)タンニン・カテキンを含む物

タンニンはポリフェノールの1種で、いわゆる「渋」といわれる成分です。食器に「茶渋」が付くのと同じで、歯にも着色を起こします。
コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などが挙げられます。

(4)ナッツ類

色が濃くないナッツ類は、着色しにくいと思われがちですが、実はインクの材料として使われた歴史があるほど色素を多く含む食品です。

2.着色補助食品にも注意

色の濃い飲食物でなくても、着色を助けてしまう「着色補助食品」というものもあります。
着色補助食品は、それだけでは着色しませんが、口の中を酸性化させる食品のため、歯の表面のミネラルが溶ける「脱灰(だっかい)」という状態が起こり、その部分が着色しやすくなります。

<打標的な着色補助食品>

炭酸飲料全般・アルコール・スポーツドリンク・柑橘系の飲食物
クエン酸・お酢・梅干し など酸性のもの

画像2歯に着色しやすい飲み物・食べ物まとめ

着色補助食品+着色性食品の組み合わせは、最も着色しやすい組み合わせです。例えば、コーラは、着色補助食品であり、色の濃い着色性食品ですので、着色しやすい飲み物だといえます。

3.着色しやすい食事を摂る時、摂った後の対処方法

着色しやすい飲食物は、これだけ多いので、いくら避けていても摂ってしまう事は多いでしょう。また、栄養面の事を考えると、極端に着色しやすい組み合わせ以外は、神経質に避ける必要も無いと思います。
着色しやすい食事を摂る時、摂った後は、食事中や食後に次のような方法で対処する事で、歯に着色するのを出来るだけ防ぐ事ができます。

(1)食事中の飲み物は水

食事の組み合わせによっては、より一層着色しやすくなるので、食事中の飲み物はお茶類ではなく、ミネラルウォーターなどの水がおすすめです。食事中に水を飲む事で、着色の原因を洗い流す作用もあります。

(2)食後は水で歯磨きやうがいをする

食後に、歯磨きやうがいをする事で、着色の原因を洗い流す事ができます。ただし、歯磨き粉の種類のより、口の中が荒れて唾液の分泌が減り、お口の中が酸性に傾く事があるので注意が必要です。お水での歯磨きで十分に効果がありますので、食後は軽く水で歯磨きをするか、歯磨きが難しい時は、うがいをするのがおすすめです。

4.歯に着色を起こしやすい生活習慣

着色しやすい飲み物・食べ物を避けていても、生活習慣が原因で、着色は起こります。次のような生活習慣は、着色の原因となります。

(1)喫煙

「タバコのヤニ」という言葉で知られるように、喫煙は歯に着色を起こします。「ヤニ」の正体は、タバコに含まれている「タール」という成分です。タールは、黒褐色の脂っぽい液体で、粘着性があり、非常に着色しやすい物質です。喫煙をしている限りは、タールによる着色を繰り返します。喫煙による着色は、歯だけでなく、口の中の粘膜にも起こります。通常はピンク色の歯茎が、赤黒く変色します。喫煙は、審美面でも健康面でも、お口にとって害の多い習慣です。見た目が悪くなるだけでなく、歯周病で歯を失うリスクも増加します。
歯を美しく健康に保ちたい方は、喫煙習慣があるようなら、喫煙習慣の見直し・禁煙を検討してみましょう。

画像3歯に着色しやすい飲み物・食べ物まとめ

(2)口呼吸

呼吸は、鼻呼吸が正常です。口で呼吸をする習慣がある方、よく口を開けている方は、口の中が乾燥しがちになり、着色しやすい口腔環境になります。
通常、お口の中は唾液で潤っており、唾液による汚れを洗い流す作用、歯の表面に汚れをつきにくくする作用が働いています。口呼吸により、口の中が乾燥すると、唾液の作用が減少し、歯の表面は乾き、着色しやすくなってしまいます。
服用している薬の副作用や、加齢による影響で、唾液の分泌量が減少している人も、着色しやすくなります。
口呼吸は、着色が付きやすくなるだけでなく、虫歯や歯周病、口臭のリスクも増加します。口呼吸が習慣になってしまっている人は、口を閉じる事を意識して、鼻呼吸に変えていけるようにしましょう。

(3)うがい薬を使用したうがい

ポピドンヨードが含まれたうがい薬など、色の濃いうがい薬は、着色の原因となる事があります。うがい自体は病気予防のために良い事ですので、止める必要はありません。色の濃いうがい薬を使用した際は、お口の中にうがい薬が残らないよう、最後に普通の水でうがいをするなどしましょう。

(4)研磨剤を多く含んだ歯磨き粉の使用

研磨剤を多く含んだ歯磨き粉で歯を磨くと、歯の着色が落ちるので、磨くたびに歯がきれいになると感じると思いますが、それはあくまで一時的なものです。確かに着色は落ちますが、研磨剤によって歯の表面には細かい傷が付くため、再び傷の中に汚れがつきやすくなります。また、継続して研磨剤を使用する事で、エナメル質が薄くなると、その下の象牙質の色が透けて見え、歯が黄ばんで見えるようになります。
研磨剤入り歯磨き粉は、一時的に着色汚れは落ちますが、着色の原因にもなるので、長い目で見ると逆効果なのです。

5.着色が付いてしまった時の対処法

いくら飲食する物や、生活習慣に注意していても、着色が付いてしまう事があります。長期間着色汚れが付いたままになると、落ちにくくなる事や、エナメル質に色が浸透してしまう事があります。気が付いた時に早めに対処するようにしましょう。着色が付いてしまった時の対処法は、次に挙げたものになります。

(1)歯科医院のクリーニング「PMTC」

歯科医院で受ける事ができる歯の表面のクリーニング「PMTC」により、着色を除去する事ができます。「PMTC」では自分のケアでは除去しきれない細菌まで除去する事ができるので、虫歯予防や歯周病予防にもなるので、審美的にも予防歯科としてもおすすめのクリーニングです。

(2)歯磨き粉

ホワイトニング効果のある歯磨き粉は、着色除去の効果があります。様々な商品が市販されていますので、含有成分をしっかりと確認してから、選ぶ事が大切です。先の着色の原因にもあるように、研磨剤を多く含んだ歯磨き粉は、歯の表面を傷つけ、再び着色する原因となります。研磨剤の粒子が滑らかなものを使用するのが望ましいです。
当院で取り扱っているホワイトニング歯磨き粉は、着色除去効果があり、研磨剤の粒子がとても滑らかなので、毎日使う歯磨き粉としてもおすすめです。

(3)ホワイトニング

着色汚れを取っても、歯の色が気になる人は、ホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅でマウスピースを装着して行う「ホームホワイトニング」があります。
当院のオフィスホワイトニングは、一回のホワイトニング効果が高い「Zoomホワイトスピードライト」を使用しています。また、ホームホワイトニングでは、日本では取り扱っている所がまだ少ない、効果の高い「過酸化水素」のホワイトニングジェルを取り扱っています。ご自分の希望に合うホワイトニング方法をお選びいただけます。

6.まとめ

歯に着色しやすい飲み物・食べ物は、色の濃い物だけではありません。色の濃い食べ物でなくても、着色を助けてしまう「着色補助食品」にも注意が必要です。着色しやすい飲食物を完全に避ける事は、食生活をしていく上で難しい事も多いでしょう。極端に着色しやすい飲食物を避けるだけでなく、食べる組み合わせにも注意してみると良いでしょう。
また、喫煙や口呼吸等の習慣があると、更に着色しやすくなります。着色を避けるためには、生活習慣も見直してみましょう!

関連記事