自宅でできるホワイトニング法、ホームホワイトニングを徹底解説

歯をもっと白くしたい!できるだけ歯の白さを維持したい!そんな方におすすめなのが「ホームホワイトニング」です。ホームホワイトニングを上手に利用する事で、歯をもっと白くし、白さを維持する事ができるようになります。今回はホームホワイトニングについて詳しく解説していきたいと思います。

1.ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、歯科医院で歯を型取りし、自分専用のマウスピースを作った後、自宅でマウスピースにホワイトニング剤を注入し、歯に装着して、歯を白くする方法です。

ホームホワイトニング画像1

(1)当院で使用するホームホワイトニングの薬剤について

通常、日本の歯医者さんで使用しているホームホワイトニングの薬剤は「過酸化尿素」です。当院では、薬監申請という書類で認可を得ているので、「過酸化尿素」よりも強い薬剤である「過酸化水素」をお渡ししています。
「過酸化水素」は、歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)で使われる薬剤で、短時間で効果が現れやすくなります。日本で取り扱っている所はほとんどありません。
一般的な「過酸化尿素」でのホームホワイトニングでは、寝ている間ずっとマウスピース装着しなくてはならないので、装着時の違和感が不快になり、途中で止めてしまう人もいます。当院のホームホワイトニングで使用する薬剤は「過酸化水素」なので、1日1時間の装着で問題ありません。

(2)ホームホワイトニングの方法について

毎日1時間程度、歯に装着し、基本的に2週間程度毎日続けます。しかしホワイトニングのゴールラインは自分で鏡を見て決める事ができるので、効果の程度に満足すれば、途中で止める事も可能です。1週間で満足の白さになればそこで終える事もできますし、2週間行って後もさらに白くしたい場合には、薬剤を追加で購入し、ホワイトニングを継続する事も可能です。

2.ホームホワイトニングはこんな方におすすめ!

ホームホワイトニングは、時間にしばられず、家で好きな時間にできます。また、持続的にホワイトニング剤を作用させる事によって、より白く、白さをキープする事ができるので、次のような方におすすめの方法です。

(1)家でじっくりホワイトニングを行いたい方

ホームホワイトニングは、自分の好きな時間に行う事ができるので、通院が面倒な方でもおすすめの方法です。ただし、ホームホワイトニングを始める前に、自分専用のマウスピースを作製するための型取りで、一度来院していただく必要があります。
自分でマウスピースを作るものも販売されていますが、マウスピースは作るのが難しく、ぴったりとフィットするものはプロでないとなかなか作れません。セルフのマウスピースでは、隙間が出来てしまう事も多く、薬剤が多く必要になってしまう場合や、ホワイトニング効果が少なくなってしまう場合があります。

ホームホワイトニング画像2

(2)オフィスホワイトニング施術後、さらに歯を白くしたい方

歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)の後、さらに白くしたい場合には、ホームホワイトニングを追加で行うのが効果的です。ホームホワイトニングは、自分の満足のいく白さまで、じっくりホワイトニングをする事ができます。
その人によって、白さの限界値は異なりますが、オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が、白さの限界値は高いと言われています。1回の効果が高いオフィスホワイトニングの施術後に、ホームホワイトニングを行う事で、より効果を実感できるでしょう。

(3)オフィスホワイトニング施術後、色戻りを抑えたい方

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングの効果を持続させるためのアフターケアとしても効果的です。
実は、ホワイトニングで得た歯の白さは永遠ではありません。時間が経つと、歯は元の色に戻ろうとする“色戻り”が起こります。
当院でのオフィスホワイトニングは「Zoomホワイトスピード」を使用しており、ホワイトニング効果の持続期間が長く、他のホワイトニングシステムの倍程度あると言われています。それでも、1年位経つと、どうしても色戻りが起きてきてしまいます。完全に元の色に戻るわけではありませんが、できるだけ白さを持続させるためには、ホームホワイトニングを併用していくのが良いでしょう。

3.ホームホワイトニングのメリットとデメリット

(1)ホームホワイトニングのメリット

・ 何度でもメンテナンスができる

一度、マウスピースを作製すれば、薬剤を追加購入するだけで、継続して何度でもメンテナンスを行う事ができます。歯の色が満足のいく白さになったら、毎日の使用から、1週間に1日の使用や、1か月の間で数日間だけ連続使用をするなどの方法に変えていくと、白さを維持しやすくなります。
白さに満足したら、一旦ホワイトニングを止めて、色戻りが気になってきたら、再び再開するという方法でも大丈夫です。

・ 費用対効果が高い

効果が出るまでに時間がかかりますが、何度でもメンテナンスができる点などを踏まえると、最終的に費用対効果が高いのは、ホームホワイトニングになります。早く白くならなくても良いという場合には、とても良い方法です。

・ 自然な白さになる

徐々に白くしていく分、自然な白さの歯になります。また、色戻りしにくい白い歯になります。

・ 知覚過敏がでにくい

オフィスホワイトニングと比較して低濃度の薬剤を使用しているので、その分刺激が少なく、知覚過敏がでにくくなります。
当院のホームホワイトニングでは、他と比べて濃度の高い過酸化水素のホワイトニング剤を使用しています。もし痛みがでてしまった場合には、使用を1日おきにするなどして、様子をみるようにしてください。

(2)ホームホワイトニングのデメリット

・ 効果がでるまでに時間がかかる
オフィスホワイトニングと比較して、効果がでるまでに時間がかかる事が、最大のメリットです。続ける事で、最終的に効果がでるホームホワイトニングですが、早く白くしたい方や結婚式などイベントに向けて白くしたい方には、オフィスホワイトニングの方が良いでしょう。

・ 自分でやるのが面倒な人には向いていない

ホームホワイトニングは、マウスピースを作製した後は、自分で管理しながらホワイトニングを行わなくてはなりません。
歯を白くするためには、毎日きちんと装着する必要があります。またマウスピースを衛生的に保つなどの管理も大切です。自分でホワイトニングをする事、道具を管理する事を煩わしいと感じる人には向いていません。

・ マウスピースが苦手な方には難しい

ホームホワイトニングではマウスピースを一定時間装着する必要があります。当院でお渡しするホワイトニング剤は、濃度が高いので、1日1時間の装着で十分です。しかし、装着時に嘔吐反射がある場合や、不快感を強く感じる人も居ます。装着時間は1日1時間と短いですが、マウスピースを装着するのが苦手な方には向いていません。

4.ホームホワイトニングの効果を最大限に得るためのポイント

(1)飲食物に注意する事

ホワイトニング後は、歯の表面が着色しやすい環境になっています。
ホームホワイトニング後の3,4時間はなるべく色の濃い飲食物は控えるようにして下さい。ホームホワイトニングを行うお勧めの装着時間は、夕食後などの食後がお勧めです。というのも夕食後であれば朝食までだいぶ時間が空くので、朝昼晩と好きな物を食べても白くなります。

<色が付きやすい飲食物>

カレー・チョコレート・赤ワイン・トマト・ぶどう・コーヒーなど

(2)ホワイトニング歯磨き粉を使用する事

歯の着色を防ぎ、ホワイトニング効果を持続させるために、ホワイトニング歯磨き粉が効果的です。ただし、市販されている商品の中には、効果が無いもの、歯を傷つける可能性のあるものもありますので、慎重に選ぶ事が必要です。
当院では、アメリカ直輸入のホワイトニング歯磨き粉を取り扱っております。ホワイトニング剤にも含まれる「過酸化尿素」が含まれています。
こちらの歯磨き粉で、丁寧に汚れを落とした後、ホームホワイトニングを行うのがおすすめです。

ホームホワイトニング画像3

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホームホワイトニングは、自宅でできるホワイトニング法でありながら、効果の高い方法です。ホームホワイトニングをするなら、寝ている間ずっとマウスピースを装着していないといけない、弱い薬剤の「過酸化尿素」ではなく、1日1時間の装着で済む「過酸化水素」を使ったホワイトニングがおすすめです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するなど、自分に合った方法を選び、歯を効果的に白くしていきましょう!

関連記事