歯のホワイトニングにはどんな方法があるの?ホワイトニングの種類と特徴を解説!

歯を白くしたいという方に人気の「歯のホワイトニング」。笑った時など、口を開けた時に見える歯の印象は、顔全体の印象にも影響します。笑顔の時に見える歯が白く美しいと、顔の印象も明るく、好印象になるでしょう。
ホワイトニングには様々な方法があります。今回はホワイトニングの方法と種類について解説していきたいと思います。

歯のホワイトニングにはどんな方法があるの?ホワイトニングの種類と特徴を解説!01

1.ホワイトニング方法

ここでいう“ホワイトニング”とは、歯自体の色を白く明るいトーンに漂白する方法です。よく“クリーニング”と混同されますが、歯のクリーニングとは、一般的に、歯の表面の着色汚れを取り、歯を本来の白さに戻す方法で、ホワイトニングとは異なります。
ホワイトニング方法は、おおまかに分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」、その両方を併用する「デュアルホワイトニング」があります。

(1)オフィスホワイトニング

歯のホワイトニングにはどんな方法があるの?ホワイトニングの種類と特徴を解説!02

歯科医師の管理のもとで施術を行うホワイトニング方法で、ホワイトニング剤を歯面に塗布した後、効果を高めるための特殊なライトを照射する事で、歯を白くします。
濃度の高い薬剤を使用し、ライトを照射する事により、効果を一気に促進させるため、短時間で効果が出やすいのが特徴です。
現在、オフィスホワイトニングは、多数のホワイトニングシステムがあり、効果や金額が多少異なります。歯科医院によって採用しているホワイトニングシステムが異なるので、実施前に種類と効果、金額を確認するのが良いでしょう。当院では、1回の効果が特に高い、最新のホワイトニングシステム「Zoomホワイトスピード」を採用しています。

(2)ホームホワイトニンング

歯科医院で自分専用のマウスピースを作成した後、それを利用して自宅で、自分で行うホワイトニング方法です。
オフィスホワイトニングと比べて、濃度の低いホワイトニング剤を使っているので、効果はすぐには現れません。マウスピースに、ホワイトニング剤を入れ、1日1時間間程、毎日装着するのを、2週間程続けます。満足のいく白さになれば、2週間経つ前に中断しても良いですし、もっと白くしたい場合には、2週間以上続ける事も可能です。自分のペースで続ける事ができます。

(3)デュアルホワイトイング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法を「デュアルホワイトニング」といいます。
まず、歯科医院でオフィスホワイトニングを行ってから、自宅でホームホワイトニングを行います。ホームホワイトニングを行う事で、オフィスホワイトニングで現れた効果を持続させ、色を定着させるアフターケアになります。
短時間でホワイトニング効果を実感でき、歯の白さを維持できる最良の方法です。ただし、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の費用がかかるため、いずれか一方を行う場合より高額になります。

2.オフィスホワイトニングの種類

歯科医院によって、使用しているホワイトニングシステムが異なります。ホワイトニングシステムによって、ホワイトニング薬剤の主成分である過酸化水素の濃度が異なるため、効果の程度も異なりますし、料金も異なります。
代表的なものでは、「ズーム」「ビヨンド」「ティオン」などがあります。効果の目安と料金の相場は次のとおりです。

  • ズーム:6〜8段階白くなり、料金は1回3万〜5万程度
  • ビヨンド:2〜3段階白くなり、料金は1回1万〜3万程度
  • ティオン:3段階程度白くなり、料金は1回2万〜5万程度
効果の現れ方は、個人差が大きいため、程度は目安になります。また、ホワイトニング料金は、自費治療のため、決まった料金はありません。歯科医院毎に料金を設定できる仕組みとなっています。当院では効果の高い「ズーム(Zoom ホワイトスピード)」を使用しています。

3.Zoom ホワイトスピードの特徴

当院で使用しているZoom ホワイトスピードの特徴について詳しく解説したいと思います。

(1)最先端

ホワイトニングシステム「ズーム」の中でも、最新型LEDライト「Zoom ホワイトスピード」を使用しています。当院では最先端の技術で、ホワイトニングを行う事ができます。

(2)シェアNo.1

Zoom ホワイトスピードは、ホワイトニング先進国であるアメリカのシェアNo.1です。人気が高い商品であると言えます。

(3)通院1回

1回の通院で高い効果を発揮するため、通院は1回で済みます。1回の施術で6〜8段階白くなります。1回の効果が3段階程度のシステムが多い中、この効果はかなり高いといえます。1回で効果が現れにくいホワイトニングの場合は、白さを実感するのに2〜3回の通院が必要になる場合が多いでしょう。

(4)高品質

1回の効果が高い高品質なZoom ホワイトスピードは、アメリカでは平均800ドル程するシステムです。当院での料金設定は31900円で、なるべく手軽に行う事ができるようにしています。

(5)安心

厳しい検査にクリアしたホワイトニングシステムで、世界中で認められていますので、安心して施術を受ける事ができます。

(6)希少

ここ数年日本への供給を停止している事から、日本でZoomを受けられる歯科医院が少ないのが現状です。当院では長年の独自ルートを利用して、アメリカから輸入し、患者様に提供しています!

4.ホームホワイトニングの種類

通常ホームホワイトニングで使用する薬剤は、オフィスホワイトニングで使用するものと異なる過酸化尿素が使用されています。過酸化尿素は過酸化水素より弱いので効果を出すには長時間の装着が必要になります。

ホームホワイトニングは、使用されるジェルにいくつかの種類があります。代表的なものでは「オパールエッセンス」「ナイトホワイトセル」などがあり、これらの成分は全て過酸化尿素です。当院で処方している「スーパーホワイトPRO」の成分はオフィスホワイトニングで使用している税分と同じ過酸化水素のため短時間で効果が得られます。ホームホワイトニングで過酸化水素を使用している歯科医院は日本ではほとんどありません。料金はマウスピースと2週間分のジェルを合わせて3万円程度が一般的です。
当院では、マウスピースが上下で17000円、過酸化水素のジェル2週間分が6400円となっており、合わせて23400円ですので、より手軽に始められます。

5.自分で歯を白くする方法

自分でもっと手軽にホワイトニングを行いたいという方には、次のような方法があります。しかし、あまり効果が期待できない場合も多く、デメリットもありますので、あまりおすすめできない部分もあります。自分で歯を白くする方法がどのような方法なのかを知った上で、自分の判断で行うようにして欲しいと思います。

(1)セルフホワイトニングとは

歯のホワイトニングにはどんな方法があるの?ホワイトニングの種類と特徴を解説!03

最近、増えている方法で、自分自身で歯にホワイトニング薬剤をつけ、ライトを当て、ホワイトニングを行う方法です。いわゆるエステサロンと同じような感じだと捉えていただくと良いと思います。
日本の法律では、歯科医師と医師・歯科衛生士以外は、口の中に触れるのは違法となります。そのため、お客さん自身が自分の手で口の中に触れる事で、エステサロンのような所でも、ホワイトニングを行う事ができるというものです。
セルフホワイトニングでは、歯科医院で使用するような過酸化水素が入った薬剤は使用できないため、ポリリン酸・メタリン酸・重層など市販の歯磨き粉と同じ成分の医薬品以外のものを使用しています。歯を白くする効果は疑問です。実際、歯の表面の汚れが取れる程度で、歯自体の色味を明るくする事は難しいでしょう。

(2)ホワイトニング歯磨き粉

通常の歯磨き粉と同じように使用する事で、歯を白くする事ができるものです。こちらも、歯自体の色を白くするというよりは、歯に付いた着色を落とすものです。オフィスホワイトニング後のアフターケアとしての利用は、とても効果的ですので、おすすめです。
ホワイトニング歯磨き粉は、様々な商品が市販されています。注意点として、市販されているものの中には、研磨剤が多く含まれているものもあり、場合によっては、使用しすぎると歯を傷つけてしまうものがあります。使い方を必ず守るようにしましょう。当医院で販売している歯磨剤はアメリカから直輸入をしているため、歯自体を白くする過酸化尿素が含まれています。また研磨剤は含まれていない為、歯を傷つけること無く歯に付いた着色を落とす事が可能です。ホワイトニングの効果を長続きさせる事ができるため、ホワイトニング後のアフターケアとしてとても有効的です。

(3)歯のマニュキア

爪に塗るマニュキアのように、歯の表面に白い色のコーティング剤を塗る方法です。実際に歯が白くなるわけではありませんので、化粧品のようなものと考えるのが良いでしょう。自分で塗るので、塗りムラが出る可能性が高く、きちんと除去しきれない場合などは、プラークや着色汚れが付着する原因となるので注意が必要です。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホワイトニングには、様々な方法があります。「歯を白くしたい」とお考えの方は、自分に合った方法を選択していただきたいと思います。ただ“安いから”“効きそうだから”というような理由で、ホワイトニングを行うのは、少し心配です。実際に、ホワイトニングを希望する場合には、まずは、歯科医院に相談していただくと良いと思います。

関連記事