歯科医院で手軽に歯を白く!オフィスホワイトニングを徹底解説!

口はお顔の中心にあり、口元の印象はお顔の印象へとつながります。笑った時や、会話などで口を開けた時にみえる歯が、白く美しいと、お顔の印象も明るく美しいものになります。自分の歯を白くしたい!」「歯の黄ばみが気になる!」という方は「歯のホワイトニング」がおすすめです。今回は、「オフィスホワイトニング」について詳しく解説していきたいと思います。

歯科医院で手軽に歯を白く!オフィスホワイトニングを徹底解説!01

1.ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類は大きく分けて2つあります。「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」です。そして、これら2つのホワイトニングを両方行う事を、「デュアルホワイトニング」といいます。それぞれについて簡単に解説したいと思います。

(1)オフィスホワイトニング

「オフィスホワイトニング」とは、歯科医院で歯に薬剤を塗布し、光を照射する事で、歯を白くする方法です。高濃度のホワイトニング剤を使用するので、1回の効果が高く、早く白くする事ができます。

(2)ホームホワイトニング

「ホームホワイトニング」とは、歯科医院で自分専用のマウスピースを作った後、自宅でマウスピースにホワイトニング剤を入れて、1日に1〜2時間程、自分で歯に装着して歯を白くする方法です。低濃度のホワイトニング剤でじっくり白くしていくので、平均して2週間程の時間がかかりますが、色が戻りにくいという利点があります。

(3)デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を併用して行う方法を「デュアルホワイトニング」といいます。両方の利点を兼ね備える最良の方法です。オフィスホワイトニングで一度に歯を白くした後、ホームホワイトニングでじっくりホワイトニングする事で、色の後戻りを抑え、定着させた後、さらに白くする事ができます。

(4)その他

一般的に「ホワイトニング」といわれるものの中には、歯の色自体を白くするのでは無く、表面の汚れをとる「クリーニング」を指している場合や、歯の表面をコーティングしているだけの場合があります。混同しないように注意しましょう。
例えば、ホワイトニング用の歯磨き粉は、歯の表面の着色汚れを落とすのに効果的ですが、歯の色自体は白くなりません。着色汚れを落として本来の歯の色を取り戻す事が目的であれば有効な方法です。市販されているものもありますが、中には研磨剤が多く含まれており、歯を傷める可能性があるものもあります。
当医院で販売している歯磨剤はアメリカから直輸入をしているため、歯自体を白くする過酸化尿素が含まれています。また研磨剤は含まれていない為、歯を傷つけること無く歯に付いた着色を落とす事が可能です。ホワイトニングの効果を長続きさせる事ができるため、ホワイトニング後のアフターケアとしてとても有効的です。

2.オフィスホワイトニングの手順

よりオフィスホワイトニングの事を知っていただき、安心していただくために、当院のオフィスホワイトニングの施術方法を例に順を追って説明していきます。

歯科医院で手軽に歯を白く!オフィスホワイトニングを徹底解説!02

(1)カウンセリングと施術の説明

施術前に歯科医が、お口の中の状態をみさせていただきます。ホワイトニング方法の詳細な説明や注意点などをお話していきます。
小さい虫歯や歯の裏側、また奥歯の虫歯であれば施術可能です。先に歯の治療を行い、その後にホワイトニングを行うと治療した詰め物との色の差が出てしまうため、先にホワイトニングを行ってからの治療がお勧めです。

(2)機械による色調測定

現在の歯の色を機械で測定し、色の明るさの段階を判断します。また、施術前の歯の写真を撮影します。患者さん自身が、ホワイトニング効果を実感しやすくなる他、目標とする色の程度が明確になり、ホワイトニング治療が進めやすくなります。
この時点で白くなりやすい歯か白くなりにくい歯か判断ができる為お伝えします。

(3)クリーニング

歯の表面に付いた着色汚れやプラークを除去します。ホワイトニング直前に歯石を除去したり裏側までしっかりクリーニングを行うと強い痛みが出やすい為、ホワイトニングを行う歯の表面だけ行います。あらかじめ、クリーニングをする事によって、ホワイトニング剤が浸透しやすくなります。

(4)施術開始・歯肉の保護

開口器を装着した後、歯ぐきにホワイトニング剤が付かないように歯ぐきを保護します。歯面に接している歯ぐきの部分に、固まるとシリコンゴムのようになる薬剤を塗布します。

その他の見えている粘膜や唇は全てガーゼで覆い歯だけが露出するようにします。

歯科医院で手軽に歯を白く!オフィスホワイトニングを徹底解説!03

(5)ホワイトニング剤の塗布

ホワイトニング剤を塗布していきます。ホワイトニング剤が、施術箇所以外に付着しないように、丁寧に塗布していきます。

(6)ライトの照射

ホワイトニング効果を高めるためのライトを照射します。当院の場合は、「Zoom ホワイトスピード」を使用しており、照射時間は15分です。使用するホワイトニングシステムによって照射時間は異なります。

(7)ホワイトニング剤の除去

ホワイトニング剤を吸引しながら取り除きます。ホワイトニングシステムによっては、(4)〜(6)を数回繰り返し行います。当院の「Zoom ホワイトスピード」では、合計3回繰り返します。

(8)施術後の写真撮影

施術後の歯の色を機械で測定し、写真撮影を行います。施術前の写真と比較して、効果を実感する事ができます。オフィスホワイトニングは1回の効果が高いホワイトニング方法ですが、目標とする白さまでにはならなかったという場合には、ホームホワイトニングと併用する事で、さらに白くなり、白さが定着しやすくなります。

(9)しみ止めのお薬を塗布

ホワイトニング後の歯はしみやすい状態です。しみ止めの薬を塗って、しみる事や痛む事を予防します。

3.オフィスホワイトニングの歯が白くなるメカニズム

オフィスホワイトニングはどのような仕組みで歯が白くなるのでしょうか。
オフィスホワイトニングは、ホワイトニング剤に含まれている“過酸化水素”が、歯の表面のエナメル質に含まれている着色有機物質を無色化する事で、歯の色を白くするものです。着色有機物質の分子を小さくする事で無色化するのであって、決して歯を溶かしているわけではありません。ですから、歯自体を傷つけたりする心配はありません。

4.オフィスホワイトニングの種類

オフィスホワイトニングには、いくつかの種類があります。歯科医院によって使用しているホワイトニングシステムが異なります。使用しているホワイトニングシステムによって、効果の現れ方に多少の違いがあります。
当院で使用しているのは最先端ホワイトニングシステムである「Zoom ホワイトスピード」です。「Zoom ホワイトスピード」は、1回の効果が高いのが特徴です。効果は個人差がありますが、他のオフィスホワイトニングシステムでは、1回の施術で平均1〜2段階白くなり、効果出すために数回の通院が必要にある場合があります。その点「Zoom ホワイトスピード」は、平均6~8段階白くなります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。1回の通院で、歯を白くする事ができる「オフィスホワイトニング」は、歯を白くしたいと考えている方におすすめの方法です。歯を白くして、素敵な笑顔を手に入れましょう。

関連記事