歯科医がおすすめするホワイトニング、おすすめしないホワイトニング

歯が白く美しいと、お顔全体の印象も明るく美しいものになります。口は顔の中央に位置しているので、お顔の印象に影響しやすいのです。笑った時に見える歯が白く美しいと、笑顔も輝いて見えます。
歯を白くする「ホワイトニング」も人気があり、昔と比べて、多くの歯医者さんで行うようになりました。“ホワイトニング”という名のついた歯磨き粉などの衛生用品も多く販売されています。

ホワイトニングを希望する方に、是非知っておいていただきたいのは、歯医者さんが“おすすめするホワイトニング”と“おすすめしないホワイトニング”があるという事です。
今回は、歯を白くしたい方が、安全に自分に合ったホワイトニングができるよう“おすすめするホワイトニング方法”と“おすすめしないホワイトニング方法”について詳しく解説していきたいと思います。

画像1歯科医がおすすめするホワイトニング、おすすめしないホワイトニング

1.おすすめできるホワイトニングのポイント

(1)歯科医師/歯科衛生士が施術すること

最初のポイントは、歯科医師/歯科衛生士が施術することです。日本の法律では、医師・歯科医師あるいは歯科衛生士以外が、口の中を触れるのは違法となります。歯科衛生士が施術する場合は、歯科医師の指導の元で施術を行う事になっています。したがって、医療機関以外ではホワイトニングを行えません。医療機関以外のエステなどでのホワイトニングは、歯を白くする効果が無いか違法だという事になります。
また、歯科医院のホワイトニングで一般的に使われる薬剤「過酸化水素」「過酸化尿素」は劇薬に指定されているため、きちんとした管理下で使用する必要があります。もちろんきちんと管理された上で、適切な施術方法を習得している歯科医師・歯科衛生士が使用するのには、問題ありません。

(2)効果があること

効果があるのは当たり前のように思えますが、「ホワイトニング」の効果があるのかどうかは事前に確認が必要なポイントです。「ホワイトニング」とよく混同されがちなのが「クリーニング」です。ホワイトニングは、歯そのものの色を漂白するものですが、クリーニングは、歯の表面の汚れを落とすものになります。
クリーニングによって、歯の表面の着色汚れなどが落ちると、歯が白くなったように感じる事から、“クリーニング効果があるもの”に“ホワイトニング”という名前を付けている事があるので、注意しましょう。

(3)安全であること

もっとも重要視して頂きたいのがこの安全性です。安全性は、「薬剤の安全性」と「施術面の安全性」が考えられます。まずは薬剤の安全性についてですが、歯そのものの色を漂白する事ができるホワイトニング成分は2つ、「過酸化水素」と「過酸化尿素」です。
過酸化水素、過酸化尿素を使ったホワイトニングが実用化されたのは、今から20年以上前ですが、今まで特に問題も起こっていません。「歯が溶けてしまうのでは」「歯が弱くなるのでは」と心配する声もありますが、全くそのような事は無いので、安心してください。
近頃見るようになったセルフホワイトニングでは重曹と同じ成分を使っているものがあり、必要以上に歯を研磨してしまうこともありえますので注意が必要です。

また、施術面においては、しっかりと訓練された歯科医師・歯科衛生士が施術を行っているかどうかが重要です。過酸化水素が安全とは言っても、高濃度であれば危険な劇薬です。オフィスホワイトニングでは、濃度35%以下のものが一般的ですが、皮膚につくとただれてしまうので、歯以外の所に薬剤が触れないよう注意を払って施術を行う必要があります。信頼のできる施術者を探すというは非常に大事なポイントです。

画像2歯科医がおすすめするホワイトニング、おすすめしないホワイトニング

2.おすすめするホワイトニング方法

(1)オフィスホワイトニング

まず最初におすすめするホワイトニングは「オフィスホワイトニング」です。オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングのことを指します。
オフィスホワイトニングは、歯にホワイトニング剤を塗布した後、特殊な光を照射し、歯を白くする方法です。使われる薬剤の主成分は、「過酸化水素」です。健康な歯を傷つける事なく、明るく白い色にする事ができます。
同じオフィスホワイトニングでも、使用するホワイトニング機器によって、効果の程度や費用が異なるので、事前に使用するホワイトニング機器を確認しておく事が大切です。

<当院のホワイトニングライトをおすすめする理由>

当院では、1回の効果が特に高いといわれる「Zoomホワイトスピードライト」を使用しています。ホワイトニング先進国であるアメリカのシェアNo.1の人気ホワイトニングライトです。
Zoomホワイトスピードライトは、1回の施術で、シェードガイドで平均6段階白さをアップする事ができます。他のオフィスホワイトニングは1回の施術で1〜2段階のアップのものが多いです。こういったことからもZoomホワイトスピードライトが非常に高いホワイトニング効果を持っている事がわかります。

(2)ホームホワイトニング

次におすすめなのが、自宅で気軽に行うことのできる「ホームホワイトニング」です。歯科医院で歯型をとり、自分専用のマウスピースを作製した後、自宅で、自分でマウスピースを装着してホワイトニングを行う方法です。
ホームホワイトニングはそれだけでも歯を白くする事ができますが、オフィスホワイトニングの後にアフターケアとして使用するのもおすすめです。
オフィスホワイトニング後の歯をさらに色を白くし、白さを定着させる事ができます。ホームホワイトニングは自分のペースで行えるので、白さに満足したら使用を途中で止める事も可能ですし、もっと白くしたい場合には、ホワイトニング剤を追加購入する事もできます。オフィスホワイトニング後、色戻りが気になってきた時だけ使用するなど柔軟に使うことができるのもおすすめのポイントです。

<当院のホームホワイトニングをおすすめする理由>

ホームホワイトニングの薬剤は、一般的に「過酸化尿素」が使われていますが、当院では、薬監申請という書類で認可を得ており、「過酸化尿素」よりもホワイトニング効果の高い、「過酸化水素」をお渡ししています。効果の高い過酸化水素を使うメリットの一つに「時間が短くて済む」ということがあります。ホームホワイトニングを続ける上で、何時間もマウスピースを付けているというのは大きなハードルになります。時間が短くて済むというメリットは非常に大きなポイントです。ホームホワイトニングで使用する「過酸化水素」は、日本で取り扱っている医院はほとんどありません。今までのホームホワイトニングに満足できないという方はお気軽にご相談ください。

3.おすすめできないホワイトニング方法

反対に、おすすめできないホワイトニング方法もあります。それは、先ほど申し上げたおすすめのポイントを逆にしたものです。

  • 歯科医師、歯科衛生士以外が施術を行う
  • 効果が不十分
  • 安全性が不十分

これらに当てはまるものは、おすすめできないホワイトニング方法です。「ホワイトニング」という言葉に惑わされないよう、内容についてきちんと理解してから、施術を行う事が大切です。
最近話題になっている「セルフホワイトニング」は、歯科医の立場からすると全くおすすめできない方法です。「セルフホワイトニング」をおすすめできない理由について、次に詳しく説明していきたいと思います。

画像3歯科医がおすすめするホワイトニング、おすすめしないホワイトニング

4.セルフホワイトニングをおすすめできない理由

「セルフホワイトニング」とは、サロンやエステのような形の専門店へ行き、自分自身で歯にホワイトニング剤を塗布し、ホワイトニングを行う方法です。
法律で、医師・歯科医師・歯科衛生士以外は、口の中を触る事ができないので、自分自身で施術を行うという抜け道のような方法です。価格が3000円〜5000円と、歯科医院にホワイトニングと比較して格安であるため手が出しやすいため、“ホワイトニング”に魅力を感じる人の中で話題になっています。

a. セルフホワイトニングの効果は?

セルフホワイトニング専門店は、医療機関では無いので、歯科医院のホワイトニングで使われる「過酸化水素」は取り扱う事ができます。
セルフホワイトニング用の薬剤として、「ポリリン酸」「メタリン酸」「炭酸水素ナトリウム(重曹)」などが含まれた薬剤を使用します。これらの成分は、歯磨き粉に含まれている成分と同じで、歯に付着した汚れを浮かせる成分です。つまり“ホワイトニング効果”は無く、“クリーニング効果”のみになります。

b. セルフホワイトニングは安全?

セルフホワイトニングは、自分自身で施術を行わなくてはならず、トラブルも自己責任になります。劇薬や高濃度の薬剤を取り扱うわけでは無いので、薬品によるトラブルは起こりにくいですが、体調が悪い時や、口の中に虫歯や傷がある時には、トラブルを起こす可能性があります。

セルフホワイトニング専門店は、歯科医師で無くても少ない資金で気軽に開業できるため流行にのって店を出している業者も多数あるようです。使っている薬剤も店舗によって異なるので、注意が必要です。もし漂白効果があるものを使用しているのであれば、薬事法違反となります。
サロンやエステのような店舗という事もあり、その実態は把握しきれていません。不安な要素も多いと言えるでしょう。

1.まとめ

いかがでしたでしょうか。歯医者がおすすめするホワイトニング、おすすめしないホワイトニングをまとめると次のようになります。

<おすすめできるホワイトニングのポイント>

  • 歯科医師が施術すること
  • 効果があること
  • 安全であること

<おすすめするホワイトニング>

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング

<おすすめできないホワイトニング>

  • セルフホワイトニング

当院では、「歯を白くしたい」とお考えの方に、効果のある安全なホワイトニングができるようにサポートしています。

関連記事