ホームホワイトニングでおすすめのジェルとおすすめの方法とは

ホームホワイトニングは、自宅でマウスピースを装着して歯を白くするホワイトニング方法です。ホームホワイトニングは、専用のホワイトニングジェル(薬剤)を使用して行います。

専用のホワイトニングジェルは、医院によって種類や濃度が異なり、それによって装着時間や効果が変わってきます。

本記事では、ホームホワイトニングで使われるおすすめのジェルや、ジェルの成分や選び方、ジェルの保管方法などについて、詳しく解説していきたいと思います。

ホームホワイトニングジェル画像1

1.ホームホワイトニングジェル成分とその選び方

ホームホワイトニングの成分は、「過酸化尿素」が主流となっています。「過酸化尿素」は、使用時に「過酸化水素」に分解されます。
「過酸化水素」はオフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング剤の成分と同じです。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングいずれも、歯を漂白する主成分は同じという事になります。

ホワイトニングジェルは、ジェルの濃度が高いほど、短時間で歯を白くする事ができますが、一方で一時的な痛みを感じたり、しみる可能性が高まります。反対にジェルの濃度が低いほど、歯を白くするのに時間はかかりますが、痛みやしみるといった可能性は低くなります。ジェルの濃度は、過酸化尿素20%〜30%の高濃度のものから、過酸化尿素10%程度の低濃度のものまであります。

どの濃度のホワイトニングジェルを使用するかは、「歯の状態」「知覚過敏の起きやすさ」「希望の白さ」などから総合的に判断して、歯科医師と相談の上、決定していく事になります。

ホームホワイトニングジェル画像2

2.一般的なホームホワイトニングジェル

一般的なホームホワイトニングジェルの成分は、「過酸化尿素」です。過酸化尿素10%から30%程度のものが販売されています。過酸化尿素は、分解されて過酸化水素になり、さらに分解されてホワイトニング作用が発現します。

そのため、1日の装着時間が長いものが多く、長時間のものでは、1日6時間から8時間の装着が必要になります。1日の中で、6時間から8時間の空いた時間を見つける事は難しいので、寝ている間の時間を利用して、オーバーナイトでマウスピースを装着する事になります。
寝ている間、ずっとマウスピースを装着しなくてはならないため、お口の中に異物感があるまま睡眠をとらなければなりません。なかなか慣れない方では、マウスピース装着時の不快感が強く、途中で辞めてしまう人もいます。

3.ホワイトニング東京のホワイトニングジェル

当院のホームホワイトニングジェルの成分は、オフィスホワイトニングの薬剤と同じ成分である「過酸化水素」です。ホームホワイトニング用に低濃度にしたものになります。「過酸化水素」のホームホワイトニングジェルを取り扱っている歯科医院は非常に珍しいです。
過酸化水素は、過酸化尿素と比べて、短時間で効果が現われやすいため、マウスピースの装着時間が短くて済みます。当院の場合は、1日1時間程度の装着でOKなので、時間の都合が付けやすく、空いた時間に簡単に行う事ができるのでおすすめです。

日本の歯科医院では、「過酸化尿素」のホワイトニングジェルが一般的です。当院では、薬監申請という書類で認可を得ているので、「過酸化尿素」よりも強い薬剤である「過酸化水素」を取り扱う事ができます。

4.ホワイトニングジェルの管理方法について

ホームホワイトニングは、毎日自分で行うものです。ホワイトニング効果を十分に発揮し、かつ安全に使用するためには、ホワイトニングジェルの管理を自分できちんと行う事も大切です。
ホワイトニングジェルは、「過酸化尿素」「過酸化水素」のものいずれも強い薬剤です。ホワイトニングの目的で、正しく使用する分には問題ありませんが、使用方法を間違えると危険です。自宅に小さな子供やペットが居る場合には、絶対触らせない場所に保管するようにしましょう。

また、ホワイトニングジェルは劣化・変質します。1年以上経過したものや、高温の場所で長期間保管されると、薬剤の効果が弱まる事があります。薬剤の効果を保つためには、しっかりと蓋をしめて直射日光のあたらない場所に保管するようにしましょう。基本的に、冷蔵庫の保管がおすすめです。

5.自分で購入したジェルに注意!

実は、ホームホワイトニングジェルは、歯医者さんに行かなくても、インターネットなどで、自分で購入する事もできます。ただし、ホワイトニング効果のある「過酸化尿素」や「過酸化水素」のジェルの販売は、日本では認可されていませんので、海外輸入品を自分で購入する事になります。自分で購入するのには、いくつかの注意点があります。

ホームホワイトニングジェル画像3

(1)成分がよくわからないものに注意!

インターネットなで、個人輸入で買う場合には、注意が必要です。濃度など、その国の安全基準を満たしているものを選ぶべきです。成分がよくわらかない物は、危険なので選ばないようにしましょう。
ネット購入の場合、ジェルの保管方法を含め、品質や安全性が保障されていないものも多いので、あまりおすすめできません。ジェルの効果や安全性を保障していて、しっかりと品質管理が行われている歯科医院での購入をおすすめします。

(2)クエン酸や酢酸系薬剤に注意!

クエン酸や酢酸系薬剤など、認可されていない成分が入っているものもあるようです。ホワイトニングを行う前処理剤としての位置づけで販売しているようですが、歯に深刻なダメージが起こる可能性があります。絶対に使わないようにしましょう。

(3)日本人の歯は、エナメル質が薄いので注意!

欧米人と比較して、日本人はエナメル質がもともと薄いため、高濃度のジェルは、日本人の歯には合わない事があります。知覚過敏を引き起こす可能性がありますので低濃度のジェルから試してみる方が良いでしょう。
本来は、歯科医師と相談して、患者さま一人ひとりの歯の状態を診た上で、合ったホワイトニングジェルを選ぶべきです。

これらの事から、自分で購入するのはおすすめできない方法です。歯の状態は人それぞれ違いますから、安全にかつ効果的にホワイトニングをするために、ホームホワイトニングジェルは、歯科医院を通じて購入する事をおすすめします。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホームホワイトニングで十分な効果が出るかどうかは、ジェルが決め手となります。
ホワイトニングジェルは、ジェルの濃度が高いほど、短時間で歯を白くする事ができますが、一方で知覚過敏のリスクが上がります。反対にジェルの濃度が低いほど、歯を白くするのに時間はかかりますが、知覚過敏のリスクは下がります。歯の状態と目的の白さに合わせてジェルを選択する事が必要です。

ホームホワイトニングでは一般的に「過酸化尿素」を主成分としたジェルを使用しています。過酸化尿素は、分解に時間がかかるため、6時間から8時間マウスピースの装着が必要なものが多く、寝ている間ずっと装着しなくてはなりません。一方、当院で取り扱っているホームホワイトニングは、「過酸化水素」を主成分としたジェルを使用しており、効果が早く現われるのが特徴です。1日1時間、マウスピースを装着するだけなので、簡単に行うことができでおすすめです。
最後に、ホームホワイトニングのジェルは個人輸入などを利用して、自分で購入する事もできますが、品質や安全性が保障されていないものも多いのが現状です。安全にかつ効果的にホワイトニングをするためには、歯科医院を通じて購入する事をおすすめします。

関連記事