【治療前に確認してほしい】ホワイトニングのデメリットを徹底解説!

ホワイトニング治療に興味のある方も多いでしょう。ホワイトニング治療では、白く美しい歯を手に入れる事ができます。顔の印象は、口元の印象に左右されます。笑った時や会話をする時に、口元から見える歯が、白く美しいと、良い印象を与えるでしょう。

ホワイトニング治療は、歯科医院できちんと訓練された歯科医師や歯科衛生士が施術を行う安全な治療方法です。しかし、歯の影響や効果において、デメリットも存在します。ホワイトニング治療を希望する方は、デメリットについて知っておく事で、「こんな事もあるのか。」と余裕を持って治療を受ける事ができます。

本記事ではまずホワイトニングの種類を簡単にご説明し、その後デメリットについて解説いたします。

1.ホワイトニングの種類

(1)オフィスホワイトニング

【治療前に確認してほしい】ホワイトニングのデメリットを徹底解説!01

歯科医院でホワイトニング剤を歯面の塗布し、特殊な光を照射する事で、歯を白くする方法です。ホワイトニング剤の主成分は、過酸化水素で、歯質中の有色物質を分解する事で歯を白くします。歯自体を傷つける事無く、歯を白くする事ができます。施術は安全に行われますが、ホワイトニング剤自体は、歯科医院でしか取り扱う事のできない高濃度の薬剤です。1回の効果が高いのが特徴です。

(2)ホームホワイトニング

歯科医院で自分専用のマウストレーを作製した後、自宅に持ち帰り、自分でマウストレーにホワイトニング剤を注入し、歯に装着させて、歯を白くする方法です。ホワイトニング剤は、過酸化尿素を主成分としています。過酸化尿素はオフィスホワイトニングで使用している過酸化水素より弱い薬液の為、効果も弱くなります。当医院ではホームホワイトニングでもなるべく高い効果が得られるよう、過酸化尿素より効果の高い過酸化水素を使用しています。ホームホワイトニングの薬液で過酸化水素を使用している歯科医院は日本ではほとんどありません。
自宅で時間を気にせず手軽に行う事ができますが、効果が現れるのに時間がかかります。1日1時間の装着で、約2週間で効果が現れてきます。

(3)クリーニング

ホワイトニングと混同しがちなものとして「クリーニング」があります。「ホワイトニング」は、歯自体の色を白く漂白するのに対して、「クリーニング」は、歯の表面に付着した汚れを落とし、本来の歯の白さに戻すものです。ですから「ホワイトニング」と「クリーニング」は根本的に違います。「クリーニング」では、歯自体の色は白くならないので注意しましょう。「クリーニング」にあたるものには、次のような方法があります。注意点を合わせて解説していきます。

【治療前に確認してほしい】ホワイトニングのデメリットを徹底解説!02

a. スケーリング

いわゆる“歯石除去”の事を指します。歯石が付着したままになると、歯周病の進行の原因になります。歯石は、歯垢が石灰化したもので硬いので、自分で除去する事はできないので、定期的に歯科医院で除去する必要があります。歯が白くなるわけではありませんが、歯石除去と同時に、歯石に付着した着色汚れを除去する事ができます。

b. PMTC

歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具を使って、歯の表面の汚れを除去するクリーニング方法です。普段自分では取りきれない細菌や汚れを除去する事ができます。歯の表面に付着した多少の着色汚れも除去する事ができます。

c. エアフロー

水と超微細パウダー(塩の粒子)を吹き付ける事で、歯の表面の頑固な着色汚れを落とす方法です。タバコのヤニやコーヒーによる着色が強く、PMTCでは除去できないような場合に効果的です。

d. ホワイトニング歯磨き粉

【治療前に確認してほしい】ホワイトニングのデメリットを徹底解説!03

日本国内で市販されているホワイトニング用の歯磨き粉には歯自体を白くする過酸化尿素の成分は含まれていません。薬効はなく研磨剤が含まれており、研磨剤によって物理的に歯の表面に付いている汚れを擦って落とすだけとなっています。過度な使用は歯面を傷つける心配もあります。
当医院で販売している歯磨剤はアメリカから直輸入をしているため、歯自体を白くする過酸化尿素が含まれています。また研磨剤は含まれていない為、歯を傷つけること無く歯に付いた着色を落とす事が可能です。ホワイトニングの効果を長続きさせる事ができるため、ホワイトニング後のアフターケアとしてとても有効的です。

e. セルフホワイトニング

最近話題のホワイトニング方法で、セルフホワイトニング専用のサロンやエステに出向き、自分でホワイトニングの施術を行う方法です。法律上、口の中を触る処置は、歯科医師か歯科衛生士でないとできません。その法律をくぐり抜けた方法として、自分自身でホワイトニング剤を塗り、光を照射するという一連の施術を行うというものです。ホワイトニング剤は、素人が扱える安全な成分で、歯自体を白くする効果はほとんどありません。表面の汚れを除去し本来の白さに戻す事を目的としているので、どちらかといえば“クリーニング”だといえます。
ホワイトニングに際し、すべて自己責任になるという点で、あまりおすすめはできません

2.オフィスホワイトニングのデメリット

まずは、ホワイトニングと言えば必ず候補に挙がるオフィスホワイトニングのデメリットについて解説します。一回の治療での効果が高くデメリットというデメリットが少ない治療法ですが、少し厳し目にデメリットを挙げます。

(1)仕上がりに個人差がある

1回で効果が現れやすいオフィスホワイトニングですが、仕上がりには個人差があります。歯の質も人それぞれ違うからです。アフターケアとしてホームホワイトニングを併用して行う事で、効果を上げることもできます。

(2)効果は永久ではない

効果は、永久では無く、徐々に後戻りをします。効果の持続期間には個人差はありますがだいたい半年から1年くらいです。すぐに色が戻ってしまう事はありませんが、より長く歯の白さを持続させるためには、アフターケアとしてホームホワイトニングを行ったり、ホワイトニング歯磨き粉を使用するのがおすすめです。

(3)施術後24時間は飲食物に気を使う

ホワイトニングの施術後24時間は着色しやすくなりますので、コーヒーやワイン、ぶどうやカレーなど、着色しやすい飲食物は控える必要があります。

クリームパスタや塩ラーメン、パン、ヨーグルト、お水、牛乳、白ワインなど白い食べ物飲み物がお勧めです。

24時間以後は気にすることはありません。

(4)しみる可能性がある

神経が敏感になり、歯がしみたり痛みが出たりする可能性があります。当院では施術後にしみ止めのお薬を塗布しており痛みが強い方には無料で痛み止めのお薬も処方しています。しみる感じやお痛みはホワイトニングの薬液による刺激が一時的に出ているだけで、期間には個人差がありますが数日で治ります。当医院では大切なイベントの前は1週間から10日前の施術をお勧めしています。

(5)費用は自費診療になる

歯の色を白くするホワイトニングは、病気の治療では無く、審美歯科になるので、治療は自費になります。料金は歯科医院によって異なります。使用しているホワイトニングシステムによって効果の程度と費用は異なります。一見、安いと感じても、1度で効果が現れにくい場合もあり何度も通わなければいけないので、事前に確認をするようにしましょう。当院では、1度の施術で6段階〜8段階白さをアップする事ができる「Zoom ホワイトスピード」を取り入れ、患者様の負担にならない費用と回数を目指しています。

3.ホームホワイトニングのデメリット

(1)効果が現れるのに時間がかかる

オフィスホワイトニングと異なり、低濃度の薬剤を使うので、効果が現れるまでに、平均2週間程度かかります。ただし、じっくりと白くしていくので、色の後戻りが少ないというメリットもあります。

(2)自分で行う手間がかかる

毎日自分でマウストレーを装着するという手間がかかります。人によっては面倒に感じてしまい、効果が出る前に嫌になってしまう事もあるようです。トレーや薬剤の管理も自分で行わなければなりません。衛生的に管理をする自身が無い方は、向いていない方法かもしれません。

(3)費用は自費診療になる

オフィスホワイトニングと同様、自費治療になります。インターネットで販売されているものもあるようですが、マウストレーがぴったりと合わずしっくりこない場合も多く、思ったような結果が出ない事も多いようです。歯の形、歯並びは人それぞれ違うので当然です。歯科医院では自分に合ったマウストレーで、歯科医院で処方するホワイトニング剤でホームホワイトニングを行う事ができます。費用は自費で約3万程度になりますが、安心確実だといえます。

4.ホワイトニングが難しいケースとは

ホワイトニングが向いていないケース、ホワイトニングを行ってはいけないケースもあります。このような場合には、十分な効果が得られないばかりか、身体に影響を及ぼす恐れがありますので、十分に注意が必要です。

(1)ホワイトニングに向いていないケース

・ 詰め物や被せ物が多い方
人工物は白くなりません。数本の人工物の場合には、ホワイトニングした天然の歯に合わせて、詰め物や被せ物を作り替える方法ができますが、人工物が多い場合には、ホワイトニング対象になる歯が少なく、かえって色がまばらになる可能性が高いので向いていません。

(2)ホワイトニングを行ってはいけないケース

無カタラーゼ症の方は、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素がありません。万が一体内に取り込まれてしまうと、進行性口腔壊死などの重い病気になる可能性があるので、絶対に行ってはいけません。
また、妊娠中や授乳中の方は、ホワイトニングを控えるようにしましょう。問題があったという事例は今のところありませんが、安全だという保障もありません。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホワイトニングは、白い歯を手に入れる事のできるとても有効な方法です。その一方でデメリットも存在しますので、施術の前にはデメリットを把握した上で、安心してホワイトニングを受けていただきたいと思います。

関連記事