脱毛豆知識

おすすめ家庭用脱毛器の効果や選び方の比較!口コミや使い方について2022年最新情報

最近では高性能な家庭用脱毛器の登場で、自宅で簡単にセルフ脱毛ができるようになっています。

  • 全身脱毛したいけど脱毛サロンは高すぎる
  • 忙しくて、脱毛に通う時間がない
  • ムダ毛処理が甘くて恥ずかしい思いをした

そんな悩みを持っている方は、好きな時にムダ毛処理ができる家庭用脱毛器がおすすめです。

本記事では自分に合った脱毛器の選び方と、効果的な使い方をご紹介しています。

効果についての口コミもたくさん掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

家庭用脱毛器の種類と選び方

選び方のポイント

  • 使いやすさで選ぶならフラッシュ(光)方式
  • 効果の早さで選ぶならレーザー方式

家庭用脱毛器の種類としては、レーザー方式とフラッシュ方式が主流です。

まずはそれぞれの脱毛器の特徴とメリット・デメリットを頭に入れておきましょう。

比較項目 人気の脱毛器 特徴 向いているタイプ メリット デメリット
フラッシュ方式 ケノン
脱毛ラボホームエディション
センスエピX
ボシディン
ブラウン
ラヴィ
毛のメラニン色素にダメージを与える。
脱毛サロンと同じ光脱毛。
全身を広範囲に脱毛したい人 照射範囲が広く短時間で脱毛できる。
レーザー方式に比べて痛みが少ない。
初心者でも使いやすい。
効果を感じるまでに
時間がかかる。
レーザー方式 トリア 毛根の発毛組織にダメージを与える。
医療脱毛と同じレーザー脱毛。
毛が濃い部位だけを
重点的に脱毛したい人
効果が表れるのが早い。
毛量を確実に減らせる。
照射のときの痛みが強い。
照射口が小さく、1度に脱毛できる範囲が狭い。

フラッシュ脱毛・レーザー脱毛はいずれも、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行われている脱毛方法ですので、正しく使い続けることでしっかりした脱毛効果を期待できます。

家庭用脱毛器の対応部位

家庭用脱毛器によっては、顔とVIOの照射に対応していない場合があります。

具体的には、「目のまわり・眉間」と「Iライン・Oライン」の照射を不可としている家庭用脱毛器が多いです。

自分が脱毛したいと思っている箇所に照射可能か、あらかじめチェックするようにしましょう。

家庭用脱毛器を選ぶ時に気をつけること

4つのチェックポイント

  • 照射口の広さ
  • 出力調整が何段階あるか
  • 冷却機能が付いているか
  • 連続照射モードがあるか

4つのチェックポイントを下記にまとめたので、家庭用脱毛器を選ぶ際の参考にしてみてください。

比較項目 照射口 出力調整 冷却機能 連続照射
ケノン
69,800円
3.5cm×2.0cm 10段階 なし
脱毛ラボホームエディション
71,478円
4.16㎠ 5段階 あり
センスエピX
32,780円~
0.9cm×3cm 5段階 なし
ボシディン
33,999円
3㎠ 6段階 あり
LAVIE ラヴィ
54,780円
3cmx2cm 7段階 なし
フィリップス ルメア
54,518円~
4.1㎠ 5段階 なし
トリア
48,000円
直径1cm 5段階 なし
パナソニック光美容器
55,800円~
5.4㎠ 5段階 なし
ブラウンシルクエキスパートPro5
82,280円
4㎠ 10段階 なし

※価格は販売元によって異なる場合があります。

照射口の面積の広さ

全身に照射したい場合、照射口が小さい家庭用脱毛器では時間がかかってしまいます。

全身に照射したいなら照射口が大きいタイプ、口まわりや指などに照射したいなら照射口が小さいタイプを選ぶと良いでしょう。脱毛部位に合わせてヘッドを取り替えられる脱毛器なら、間違いないですね。

出力調節が何段階あるか

どこの部位を脱毛する場合でも、最初は低い設定から徐々に出力を上げていくのが安全です。

特に顔は皮膚が薄く、失敗すると見た目にも大きな影響があります。

メーカーによって5段階から10段階までありますが、顏脱毛がしたい場合は「ケノン」などの出力が細かく設定できるものを選ぶようにしましょう。

冷却機能が付いているか

保冷剤で冷やしてから照射することを面倒に感じる方には、冷却機能付の家庭用脱毛器がおすすめ。

画像引用:脱毛ラボホームエディション

冷却機能付きの家庭用脱毛器は数が少ないですが、「脱毛ラボホームエディション」は冷却クーリング機能付!痛みが少なく、時短で脱毛できるのでおすすめです。

\月々なんと2,770円(税込)/
詳しい情報はコチラ

連続照射モードがあるか

最近では1万円以下の家庭用脱毛器も販売されていますが、

安い脱毛器はチャージに時間がかかり、連続照射できないことがあります。

1回照射した後、数秒待ってから次の照射……となると時間と根気が必要ですね。

また、脱毛器によっては連続フラッシュモードがなく、照射のたびに1回1回ボタンを押すタイプのものがあります。

使い勝手が悪いとストレスになりかねないので、ボタンプッシュレス照射ができるかどうかも要チェックです。

家庭用脱毛器おすすめ5選

家庭用脱毛器の中から、特に口コミ評価の高い脱毛器をご紹介します!

【ケノン】レビュー件数&売上ナンバー1の家庭用脱毛器

画像引用:ケノン

価格(税込) ¥69,800
種類 フラッシュ方式
出力調整 10段階
照射回数 300万回
照射口の面積 3.5cm×2.0cm(7㎠)
連射機能 あり
カートリッジ交換
使用不可部位 目の周り・I・Oライン

ケノンのおすすめポイント

  • 男女共用で使える
  • 安心の日本製
  • 照射口が3.5cm×2.0cmで広いため短時間で脱毛できる
  • 出力レベルが10段階なので敏感肌でも使える
  • 余裕で全身脱毛が可能な照射回数
  • 連射機能で肌に優しい
  • カートリッジを交換すれば美顔器として使える
  • 1年保証付き

ケノンは楽天市場のレビュー件数No.1、ヤフーショッピングの売上総合ランキング第1位を獲得するほど大人気の家庭用脱毛器です。

日本人の肌質や毛質に合わせて作られた日本製で、男女兼用で使えるのがメリット。カートリッジ単体でも購入できるので、1台あれば長く使うことができます。

家庭用脱毛器ケノンの口コミ

\お肌に優しい日本製
詳しい情報はコチラ

【脱毛ラボホームエディション】冷却機能付でラクラク全身脱毛

画像引用:脱毛ラボホームエディション

価格(税込) ¥64,980
種類 フラッシュ方式
出力調整 5段階
照射回数 30万回
照射口の面積 4.16㎠
連射機能 あり
冷却機能 あり
使用不可部位 粘膜

脱毛ラボホームエディションの
おすすめポイント

  • 脱毛サロンが開発したサロン品質の脱毛器
  • 冷却クーリング機能で痛みが少ない
  • 連射モード搭載で肌に優しい
  • 照射する光に美肌効果がある
  • 使用部位に制限がないため全身を脱毛可能

脱毛ラボホームエディションは、業務用の脱毛器と同等のパワーを持つ家庭用脱毛器。

顔やVIOを含む全身に照射できるのが大きなメリットです。冷却クーリング機能付で、使用前後の冷却やジェルも不要なので短時間で脱毛できます。男性の青ヒゲにも使用可能です。

家庭用脱毛器 脱毛ラボホームエディションの口コミ

\キャッシュレス決済5000円オフ
詳しい情報はコチラ

【Bosidinボシディン】低価格なのに高性能


画像引用:ボシディン

価格(税込) ¥33,999
種類 フラッシュ方式
出力調整 6段階
照射回数 50万回
照射口の面積 3㎠
連射機能 あり
冷却機能 あり
使用不可部位 目の周り、額

Bosidinボシディンの
おすすめポイント

  • 低価格なフラッシュ脱毛器
  • 安心の肌検知センサー搭載
  • 冷却機能で痛みを軽減
  • ヘッドが180度回転するので照射しやすい
  • 0.2秒間隔のスピード連射

Bosidin(ボシディン)は、レーザー方式とIPL方式の両方のメリットを最大限に活かしたOPT技術使用で、効果についての口コミ評価が高い脱毛器です。

冷却装置が搭載されているため、敏感肌の方も安心して利用できます。コスパ重視で家庭用脱毛器をお探しの方におすすめです。

家庭用脱毛器Bosidinボシディンの口コミ

【LAVIE ラヴィ】VIO対応の家庭用脱毛器

画像引用:LAVIE ラヴィ

価格(税込) ¥54,780
種類 フラッシュ方式
出力調整 7段階
照射回数 15万回
照射口の面積 3cmx2cm
連射機能 あり
使用不可部位 IOは非推奨

LAVIE(ラヴィ)の
おすすめポイント

  • IPL方式採用でサロン品質の脱毛が可能
  • 連射機能付きでお肌に優しい
  • カートリッジを交換すれば美顔器になる
  • 安心の日本製
  • 2年保証付き

日本製で、なおかつVIO対応の家庭用脱毛器をお探しの方にはLAVIEがおすすめです。

LAVIEが採用しているIPL (インテンス・パルス・ライト) は、脱毛効果に加えて、美肌効果もあり!

ヘッドを美顔カートリッジに交換するだけで、光フォトフェイシャル美顔器として利用できるので一石二鳥です。

家庭用脱毛器LAVIE ラヴィの口コミ

【トリア】家庭でレーザー脱毛・業界最高峰のパワー

画像引用:トリア

価格(税込) ¥40,537
種類 レーザー方式
出力調整 5段階
照射回数 20万回
照射口の面積 直径1cm
使用不可部位 鼻から上・IOライン

トリアの
おすすめポイント

  • 医療脱毛クリニックと同じレーザー式脱毛器
  • フラッシュ方式よりも脱毛効果が高い
  • アメリカFDAの認可を受けた医療機器
  • 照射口が小さいため、細かい部分の施術に向いている

トリアは、多少の痛みが伴うものの「効果が高い」と口コミ評価が高い家庭用脱毛器です。

レーザーがまっすぐ毛根に届くため、フラッシュ方式の脱毛器では効果を実感しづらいヒゲなどの濃い毛もきれいに脱毛できます。

効果が出るだけでなく、効果をキープできるのがトリアのメリットです。

家庭用脱毛器トリアの口コミ

家庭用脱毛器の効果と口コミ

そもそも家庭用脱毛器は本当に効果があるのかについて、SNSの口コミを調査しました。

結果、ヒゲ・手足・vioいずれの箇所についても「効果を実感している」という声が多かったです。

家庭用脱毛器は、継続して使用すれば本当に効果があるということが分かりました。

家庭用脱毛器の痛みについての口コミ

家庭用脱毛器の痛みについては、「全然痛くない」という声と「痛かった!」という意見にパックリ分かれました。

いきなり高いレベルで照射した人の中に「痛い」という口コミが見られました。

どの脱毛器についても言えることですが、いきなり最大出力で照射するのはNG。

面倒でも、最初はレベル1から試して、肌の状態を確認しながら少しずつ出力を上げていくようにしましょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛できるか

ポイント
家庭用脱毛器で永久脱毛はできない

永久脱毛は医療行為の一部で、医療脱毛クリニックで施術を受ける場合にのみ可能となります。

脱毛サロンや家庭用脱毛器での脱毛は、永久脱毛ではないものの、継続して使用することで「ムダ毛が薄くなる」「徐々に生えなくなる」といった効果を期待できます。

家庭用脱毛器はどれくらいで効果が出る?

口コミによると、約2ヶ月で手足のムダ毛が目立たなくなったという声がありました。

家庭用脱毛器を使い始めてからどのくらいで生えなくなるかについては、部位によって異なります。

一般的に毛が太い部位は効果が見えやすく、細い毛や産毛は根気よく照射する必要があります。

家庭用脱毛器を購入したら、なかなか効果が見えなくても少なくとも2~3カ月は継続してみることをおすすめします。

家庭用脱毛器で照射した後はいつ抜ける?

質問者
家庭用脱毛器を使ったあとの毛って抜けないんですか?

回答者
直後には抜けませんよ。1〜2週間くらいで抜けてきます。

反応の出る毛周期は成長期のみなので、生えている全ての毛に効果があるわけでもありません。

参照元:ヤフー知恵袋

【部位別】顔・VIOにおすすめの家庭用脱毛器

人気の家庭用脱毛器の中から、顔とVIOの脱毛に対応している商品をご紹介します。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器

脱毛器 VIOの使用 特徴
脱毛ラボホームエディション 粘膜以外は可 冷却機能付で痛みが少ない
ケノン Vラインは可 10段階の細かい出力調整
ボシディン 冷却装置とVIO部位専用モードあり
ブラウンシルクエキスパートPro5 V・Oラインは可 10段階の細かい出力調整

VIOをセルフ脱毛するなら、痛みを抑える機能が付いている脱毛器や、細かくレベル調整できる脱毛器がベスト。

冷却機能付きで選ぶなら「脱毛ラボホームエディション」か「ボシディン」がおすすめ。

細かくレベル調整できる脱毛器の中では、ケノンやブラウンのシルクエキスパートPLがvio脱毛に向いています。

顔・ヒゲにおすすめの家庭用脱毛器

脱毛器 顔の使用 特徴
ケノン 鼻から下は可 スキンケアカートリッジで美顔効果もあり
脱毛ラボホームエディション 明記なし 高性能タッチセンサー搭載で、凸凹部分も照射しやすい
トリア 鼻から下は可 レーザー式脱毛で濃いヒゲにも効果的

顔脱毛におすすめのフラッシュ式脱毛器はケノン脱毛ラボホームエディション

特にケノンは美顔用のカートリッジも揃っており、1台あれば脱毛とエステの両方を体験できる優れものです。

トリアは照射口が狭いため、ピンポイントで照射できるのがメリットです。
いずれの脱毛器も目の周りや額の照射は推奨されていないため、注意しましょう。

家庭用脱毛器の効果的な使い方と頻度について

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器の基本的な使い方は、次の4ステップです。

  1. ムダ毛を剃る
  2. 照射部位を冷却
  3. 脱毛器で照射
  4. 照射部位を冷却

照射の前後に冷却することで、肌を守ることができます。

毛が生えたまま家庭用脱毛器を使うのはNG

家庭用脱毛器を使う際には、必ず事前処理が必要です。

家庭用脱毛器ケノンの公式サイトには以下の一文がありました。

当日に剃るよりも前日のうちに剃っておき、翌日表面に出てきたムダ毛に光を照射すると、効率良く進める事ができるでしょう。

引用:ケノン公式ショップ

肌を傷めないように、電気シェーバーで事前処理するのが安心です。

家庭用脱毛器で顔脱毛する場合の使い方

顔脱毛の使用手順

  • 脱毛する部位を保冷剤などで冷やす
  • 付属のゴーグルやサングラスなどをかけて目を保護する
  • 脱毛器の電源を入れて、照射レベルを選ぶ
  • 肌に当てて照射する
  • 照射後、もう一度冷やす
  • 照射した部位を保湿する

家庭用脱毛器で口回りやヒゲを脱毛する際のやり方も、上記の通りです。

顔は痛みを感じやすい部位ですので、出力レベルはもっとも低い設定で始めるようにして下さい。

早く効果を感じたいからといって、出力レベルを無理にあげると火傷の原因になりますので注意が必要です。

家庭用脱毛器は何日おきに使うのがベスト?

家庭用脱毛器の種類によりますが、平均すると2週間に1回がベストなペースです。

引用元:ホーム・スキのベーションズ楽天市場店

はじめは2週間に1回のペースで照射をして、徐々に間隔をのばしていくイメージです。

家庭用脱毛器を2日連続で使ったり、2日に1回や3日に一回のペースで使っても効果が上がるわけではありません。逆に、脱毛器を頻繁に使うことで肌に負担がかかる・ショット数を無駄にするなどのデメリットがあります。

取扱説明書をしっかり読んで、適切な脱毛間隔を保つのが効果的に脱毛するポイントです。

家庭用脱毛器と業務用脱毛器の違いは?

家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックの脱毛方法と同じですが、プロが使う機械は出力が高いため、効果を早く感じることができます。

レーザー方式や光方式にも細かく種類があり、サロンやクリニックではより高性能な最新の機器を使用しています。

施術を行うスタッフも専門の知識をもった人や医療従事者になりますので、性能の高い脱毛機器でもトラブルなく使うことができます。

一方で、家庭用脱毛器は脱毛のことをよく知らない人でも使えることを前提につくられていますので、出力が弱く、様々な安全機能がついているのが特徴です。

効果が現れるまでに時間はかかりますが、使い続けることでサロンやクリニックと変わらない結果を手に入れることができます。

敏感肌向きの脱毛器を選ぶ3つのポイント

敏感肌の方が家庭用脱毛器を選ぶ3つのポイントについて解説しています。

敏感肌にはフラッシュ(光)方式がおすすめ

敏感肌の方が脱毛をするのなら、フラッシュ方式の家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器には大きく分けてレーザー脱毛と光脱毛の2種類がありますが、レーザー脱毛は効果が高い分、痛みや肌へのダメージが大きいといわれています。

そのため、痛みが少なく、肌へのダメージも軽減できる光脱毛のほうが敏感肌の人向きといえるでしょう。

また、光脱毛器にはカートリッジを付け替えることで美顔器として使えるものもありますので、脱毛の後に肌を労わることもできます。

出力レベルが細かく設定できるものが安心

家庭用脱毛器は出力レベルを調節できるようにできています。

出力レベルが高ければ、それだけ毛根に与えるダメージが強くなりますので、脱毛効果は高くなるでしょう。

しかし、肌へのダメージや痛みも強くなりますので、敏感肌の人には負担が大きくなります。

出力レベルを細かく設定できる家庭用脱毛器なら、肌の状態に合わせて調整できますので、肌トラブルを避けながら、使い続けることが可能です。

連射機能なら肌へのダメージを軽減できる

敏感肌の人が家庭用脱毛器を購入するのなら連射機能が搭載されているものがおすすめです。

連射機能がついていれば1回分の光を数回に分けて照射できるため、肌へのダメージと痛みをより軽減できます。

連射機能が搭載されている家庭用脱毛器はあまり多くありませんが、安全性が高まりますので選ぶ時のポイントにしてみてはいかがでしょうか。

家庭用脱毛器に関するQ&A

家庭用脱毛器は体に悪い?安全性は高い?

家庭用脱毛器の光は皮膚ガンの原因となる紫外線とは全く違う性質の光ですので、安心して利用できます。使用不可部位や、用途についての説明を守って使用する限り、安全性を確保できます。

家庭用脱毛器はムラが出やすいって本当?

照射口が小さい家庭用脱毛器はピンポイントに照射できる一方で、ムラが出やすくなります。
照射口の面積が大きい脱毛器なら、当て漏れによるムラを最小限に抑えることができます。

家庭用脱毛器はタトゥー部位には照射不可?

タトゥーがある部分に照射するのはNGです。タトゥーがある場合は、バンドエイドやシールなどで保護してから周りを照射しましょう。ホクロについても同じように対処できます。

家庭用脱毛器は保湿してから使うの?

照射の直前に保湿すると、保湿成分が毛穴に入り込んで光が毛根に届きにくくなる可能性があります。保湿は照射前ではなく、照射後に念入りにするようにしましょう。