豆知識

白髪でもVIO脱毛できる?蓄熱式脱毛・ニードル・家庭用の脱毛効果を比較解説!

40代くらいになると、VIOに白髪が生えていることに気づく方も出てきます。

頭髪に白髪が生えてくるだけでもショックなのに、
VIOにも白髪が生えていることに気づいてしまうと、なおさらショックですよね。

そんなVIOの白髪は、脱毛で処理することができるのでしょうか?

VIOに白髪が生えるのはナゼ?

VIOに白髪が生えるのは、メラノサイトの活動が低下し、
メラニン色素の量が減少することが原因です。

すべての毛髪に言えることですが、毛髪の色は毛根組織の中にある、メラノサイトで作られるメラニン色素の量によって決定します。

しかし、

  • 加齢
  • 遺伝的要因
  • ストレス

などが原因でメラノサイトの活動が低下し、メラニン色素の量が減少すると、
毛髪は色を失います。

体毛の中で白髪が特に生えやすいのが、今回のテーマにもなっているVIO。

髪よりも先にVIOのほうで白髪が発見されることもあります。

白髪は抜いたら生えてこない?

残念ながら、「白髪は抜いたら生えてこない
ということはありません。

「白髪を見つけたから抜いたけど、また同じ場所から白髪が生えてきた」という経験をしたことがある方、結構多いと思うのですが、抜いても次に生えてくるのは白髪です。

根本的な原因が解決したわけではないので、その毛穴からは白髪が生え続けます。

ちなみに、「白髪を抜くと増える」という話がありますが、これは間違いです。

白髪は脱毛できないの?

気にならないという方であればそのままでも良いと思いますが、
気になる方は「VIOの白髪を脱毛したい」と考えるかと思います。

このVIOの白髪、脱毛することは可能です。

黒い毛を脱毛する方法よりも限られてしまいますが、VIOの白髪は脱毛で処理できます。

白髪は自己処理できる?

ちなみにVIOの白髪は自己処理でも処理ができます。

例えば、

  • カミソリやシェーバーで剃る
  • 毛抜きで抜く
  • 除毛クリームで処理する
  • 白髪染めで染める

といった方法で自己処理することが可能です。

ただ、いずれの方法も「除毛」であって、
時間が経てばまた生えてきてしまいます。

白髪の自己処理はリスクが高い

VIOの白髪の自己処理は、残念ながらリスクが高いと言わざるを得ません。

これはムダ毛の自己処理全般に言えることですが、肌トラブルや色素沈着などのリスクを伴いますし、VIOという部位である以上、他の部位よりも自己処理のリスクは高くなります。

VIOの皮膚はデリケートで薄いです。粘膜に近いうえに自分でも確認しづらく、無理に自己処理をして肌を傷つけると細菌が入り、炎症を起こす可能性があります。

また、VIOに限らず、自己処理を頻繁におこなうと色素沈着の原因にもなります。

剃った後のかゆみやチクチク感など、不快感が残る点もデメリットでしょう。

VIOの白髪脱毛をするメリット

VIOの白髪脱毛をするメリットは、VIO脱毛をすること自体のメリットとほとんど一緒です。

自己処理が不要になる

VIOの白髪脱毛をすると
VIOの自己処理が不要になります。

そうすると、

  • 自己処理で皮膚を傷つける心配がなくなる
  • 自己処理にかかっていた手間や時間が省ける
  • ムダ毛処理グッズを購入する手間やお金も不要になる

といったメリットも付いてきて、いいことずくめです。

水着や下着を堂々と着こなすことができる

VIOの白髪脱毛をすると
水着や下着を堂々と
着こなすことができるように
なります。

白髪となると、それほど気にならないかもしれませんが、着てみたい水着や下着があっても、「水着や下着からムダ毛がはみ出していたらどうしよう」と気になってしまう方も少なくないですよね。

ですが、脱毛してしまえば水着や下着からはみ出す心配もなくなるので、水着や下着を堂々と着こなすことができます。

デリケートゾーンを清潔に保つことができる

VIOの白髪脱毛をすると
デリケートゾーンを
清潔に保つことができる
ようになります。

というのも、VIOにムダ毛があると、汗や経血などの排泄物がムダ毛に絡みついて不衛生な状態になってしまうからです。

ですが、脱毛してしまえばVIOのムダ毛を全て無くしたり、毛量を減らしたりすることができるので、デリケートゾーンを清潔に保つことができるようになります。

介護される側になった時に備えられる

VIOの白髪脱毛をすることは、

今後介護される側になった時に
備えることにも繋がります

介護が必要になると、トイレの介助をしてもらったり、オムツを替えてもらったりすることになりますが、排泄物がVIOのムダ毛に絡みつき、介護する側の手を煩わせてしまうことがあります。

また、オムツの中が不衛生な状態になる可能性もあります。

ですが、今のうちにVIO脱毛をしておけば、介護する側への負担を減らすことができます。

そういったことを想定し、
「介護脱毛」としてVIO脱毛をしておく方が増えています

白髪を脱毛する方法

黒い毛を脱毛する方法は複数ありますが、
白髪を脱毛する方法は「ニードル脱毛」一択になります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、
1つ1つの毛穴に専用のニードル(針)を指し、
毛根部分にアプローチする脱毛方法です

一言にニードル脱毛といっても、脱毛サロンで行われている「美容電気脱毛」と、医療脱毛クリニックで行われている「医療針脱毛」の2種類があります。

針脱毛とは、1本ずつ毛穴に沿わせて特殊な針を挿入し、針から電流を流し熱伝導させて、周囲の組織を破壊していきます。1本ずつ再毛組織を破壊していくので確実にその場で永久脱毛が可能です。

効果的にスピーディに、安全に行うためには高度な技術が必要なので、医療針脱毛を採用している医療機関は全国でもわずかになっています。

情報引用:赤坂クリニック

このうち永久脱毛を謳うことができるのは、医療針脱毛のみですが、美容電気脱毛もそれなりの高い脱毛効果を得ることが可能です。

このニードル脱毛は、毛色に関係なく脱毛できる方法なので、黒い毛はもちろん、色を失った白髪でも脱毛できます。

ただ、ニードル脱毛には

  1. 痛みが強い
  2. 料金が高くなりやすい

という2大デメリットも存在します。

毛穴に針を差すので痛みは強くなりますし、これが脱毛サロンの場合、麻酔を使うことができないので、なおさら辛い思いをすることになります。

また、料金に関しては1本単価で計算するところもあれば、時間単価で計算するところもありますが、いずれにしても毛量が多ければ多いほど、料金が高くなる可能性があります。

「白髪のみをニードル脱毛にする」という場合であれば、それほど高額にはならないかと思いますが、白髪の本数が多い場合は要注意です。

家庭用脱毛器や他の脱毛方法では白髪の脱毛は不可能

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで採用している脱毛方法はたくさんありますが、
ニードル脱毛以外の脱毛方法では、白髪の脱毛は不可能です。

例えば、脱毛サロンで採用しているIPL脱毛、医療脱毛クリニックで採用している熱破壊式脱毛は、黒い色素に反応する仕組みになっているので、黒い色素を持たない白髪への効果は得られない可能性が高いです。

白髪の場合は、生えてきている毛の色と同様に毛根も白いため、レーザー光を照射してもまったく反応しません。(これは金髪も同じ原理です。)そのため白髪はレーザーでは脱毛ができないのです。

黒い毛はレーザーで減毛できても白髪が残ってしまうという事になってしまうのです。

情報引用:赤坂クリニック

ちなみに、家庭用脱毛器も同じく黒い色素に反応する仕組みになっているものがほとんどなので、
同じく白髪への効果は得られない可能性が高いです。

また、脱毛サロンで採用しているSHR脱毛、医療脱毛クリニックで採用している蓄熱式脱毛は、黒い色素に反応する仕組みではありません。

白髪も脱毛できると思われているのですが、毛根部分にアプローチするための熱は、黒い色素がないと発生させることができません。

そのため、脱毛サロンのSHR脱毛や医療脱毛クリニックの蓄熱式脱毛でも、白髪への脱毛効果はほとんど得られないのです。

VIO白髪脱毛おすすめサロン・クリニック

ニードル脱毛

料金表

料金(税込)
【脱毛サロン】
エステティックTBC
■プレーンゾーン
ビジター価格1本:132円
メンバー価格1本:110円
■デリケートゾーン
ビジター価格1本:145円
メンバー価格1本:121円
【医療脱毛クリニック】
赤坂クリニック
からだ(顔以外)1分:300円(税抜)
顔1分:400円(税抜)
【医療脱毛クリニック】
ビューティースキンクリニック
1~16本:8,800円
17本~:1本につき550円

医療脱毛クリニックの場合、先ほど挙げた料金とは別に、

  • 患者さん専用の針代
  • 採血代(血液検査)
  • 麻酔代

などが加算されます。

蓄熱式脱毛とニードル脱毛を併用(掛け持ち)できる?

蓄熱式脱毛とニードル脱毛は、
併用することが可能です。

まずは先に蓄熱式脱毛で白髪になっていないVIOのムダ毛を脱毛し、完了した後に残った白髪を、仕上げとしてニードル脱毛で脱毛することができます。

ちなみに、最初からすべてニードル脱毛で処理しようとすると、料金が高額になってしまいます。

「蓄熱式脱毛で処理しきれなかった白髪のみをニードル脱毛で処理する」という方法が、
お財布にも優しい方法です。

【モデルプラン①】フレイアクリニック+ビューティースキンクリニック

画像引用:フレイアクリニック

フレイアクリニックのVIO脱毛
おすすめポイント

全身脱毛1回あたりの料金が
いちばん割安なのが5回プラン

2週間くらい経つと毛が抜け落ち
VIOなどは1度にツルツルになる
口コミ評価が高い

\見た目も衛生面もお悩み解決/
無料カウンセリングはコチラ

【蓄熱式脱毛】
フレイアクリニック
■VIO脱毛セット
1回:41,800円
5回:93,500円
8回:140,800円
【ニードル脱毛】
ビューティースキンクリニック
■医療針脱毛
1~16本:8,800円
17本~:1本につき550円

【モデルプラン②】ストラッシュ+エステティックTBC

画像引用:ストラッシュ

ストラッシュのVIO脱毛
おすすめポイント

VIO脱毛も通い放題で
自分が納得できるまで
脱毛できる

\見た目も衛生面もお悩み解決/
無料カウンセリングはコチラ

【蓄熱式脱毛】
ストラッシュ
■デリケートパーツ通い放題
半年:47,278円
1年:85,778円
2年:122,078円
【ニードル脱毛】
エステティックTBC
■TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)
【プレーンゾーン】
ビジター価格1本:132円
メンバー価格1本:110円
【デリケートゾーン】
ビジター価格1本:145円
メンバー価格1本:121円

今回は医療脱毛クリニック同士・脱毛サロン同士のモデルプランを紹介しましたが、
必ずしも医療脱毛クリニック同士・脱毛サロン同士である必要はありません。

また、蓄熱式脱毛だけではなく、脱毛サロンのIPL脱毛や医療脱毛クリニックの熱破壊式脱毛との併用も可能です。

皆さんが通いやすいやり方で併用してみてください。

蓄熱式脱毛とニードル脱毛を併用する際の注意点

蓄熱式脱毛とニードル脱毛を併用する際の注意点としては、
十分な期間を空ける」という点を守りましょう。

「蓄熱式脱毛完了後にニードル脱毛で仕上げをする」という方法が望ましいので、同時期に蓄熱式脱毛とニードル脱毛を行うことはないかと思いますが、
「蓄熱式脱毛が完了したらすぐにニードル脱毛を受けに行きたい」と焦る方もいると思います。

ですが、脱毛は皮膚に負担をかける行為でもあるので、あまり間隔を空けずにニードル脱毛に通い始めてしまうと、皮膚に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

また、ニードル脱毛をする場合は、ある程度毛を伸ばしておく必要もあるので、毛を伸ばす期間のことも考えると、十分な期間を空けるようにしましょう。

VIO脱毛は将来に備えてという考え

前半のほうでも少し紹介しましたが、白髪も含めてVIO脱毛をしておくことは、
「将来に備えて」という考えから始める方も少なくありません。

実際に介護を経験して、VIOのムダ毛の存在を煩わしく感じた経験がある方も多く、そういった方は特に、「トイレの介助やオムツ交換で介護者の手を煩わせたくない」とVIO脱毛を決断する傾向が強いです。

ただ、白髪が生えてきてからだと、ニードル脱毛でしか太刀打ちができなくなり、他の脱毛方法とニードル脱毛を併用することになります。

そう考えると、VIO脱毛は白髪が生えないうちに済ませておくのが理想ですが、
他の脱毛方法で処理できなかった白髪のみニードル脱毛で処理すればOKです。

デリケートゾーンの蒸れやトラブル、水着や下着のはみ出しなどを防ぐイメージが強いVIO脱毛ですが、将来に備えたものでもあるので、メリットは大きいでしょう。

VIOの白髪は脱毛できる?まとめ

今回は、VIOの白髪脱毛について解説しました。

デリケートゾーンを清潔に保つことができるようになりますし、
着てみたい水着や下着が着られるようにもなるので、
VIOを脱毛するメリットは大きいです。

ただ、VIOの白髪はニードル脱毛でしか脱毛することができないので、ニードル脱毛が受けられる脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行きましょう。