セルフホワイトニングは効果があるの!?今話題のセルフホワイトニングとは

最近、歯を白くする方法として「セルフホワイトニング」が話題になっています。セルフホワイトニングとは、その名の通り、“セルフ”つまり自分自身で行うホワイトニング方法です。自分で行うため、リーズナブルである事が特徴です。安くて手軽に出来る事から注目が集まっているホワイトニング方法ですが、はたして本当に白くなるのでしょうか。その効果と注意点について詳しく解説していきたいと思います。

1.セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングは、専門店に行き、自分自身で歯にホワイトニング剤を塗布して、歯のホワイトニングを行う方法です。日本では法律上、歯科医師・歯科衛生士以外は、口の中を触れる事ができません。そのため、医療機関以外では、従来のホワイトニングを行う事ができません。
セルフホワイトニングは、その抜け道ともいえる方法で、患者さんが自分自身で施術するシステムにする事で、サロンやエステのような所でもホワイトニングができるというわけです。

セルフホワイトニングは効果があるの!?今話題のセルフホワイトニングとは01

(1)セルフホワイトニングの施術手順

セルフホワイトニングの手順の基本は次のようになっています。

  1. スタッフから施術の説明を受ける
  2. 自分で歯を磨く
  3. 開口器を自分で装着する
  4. 自分で鏡をみながら、歯の表面にホワイトニング剤を塗る
  5. 歯にライトを当てる(口に触れないため、サロンスタッフが行う場合もある)
  6. 自分で開口期を外して、口をゆすぐ

このように、スタッフから説明を受ける以外は、ほとんどすべて自分で行います。素人がホワイトニングを行うため、ホワイトニング剤やライト等の機材は、誰でも触る事のできるものであり、歯科医院で使用しているものとは異なるものです。

(2)セルフホワイトニングで使われる薬剤

歯科医院で行われるホワイトニングでは、歯を白く漂白する効果のある医薬品の「過酸化水素」が使われていますが、セルフホワイトニングでは過酸化水素は使われていません。医薬品を使用する事ができないため、「ポリリン酸」や「メタリン酸」「炭酸水素ナトリウム(重層)」などが含まれています。これらの成分は、歯磨き粉に含まれている成分と同じで、歯に付着した汚れを浮かせる成分になります。

(3)セルフホワイトニングで使われるライト

セルフホワイトンングで照射するライトは、主に「LEDライト」です。これは歯科医院でのホワイトニングでも使われます。ライトを当てる事によって、ホワイトニング剤が化学反応を起こして、汚れを落とす効果が上がる事がわかっています。ただし、セルフホワイトニングは、歯自体を白くする効果がほとんどないので、薬剤の効果には限度があります。

2.セルフホワイトニングの効果

セルフホワイトニングは、歯を本来の白さに戻す事を目的としています。そのため、歯の表面に付いている汚れを取る事はできても、歯自体の色を漂白する事はできません。歯に付着している汚れや黄ばみを除去する程度の効果になります。「歯の色をもっと白くしたい!」とお考えの場合、セルフホワイトニングでは、満足できる色にならない可能性があります。あえてセルフホワイトニングのメリットを挙げるとすれば以下の2点です。

(1)低価格

歯科医院のホワイトニングと比較すると、セルフホワイトニングは価格が安いのが特徴です。一般的な相場で3000円から5000円となっています。

(2)痛みが少ない

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院で使われるホワイトニング剤と異なり、薬事法に関係しない素人でも扱えるものです。安全性は高いものの、強い効果は無いため、痛みも少ないのが特徴です。

3.セルフホワイトニングの注意点

セルフホワイトニングは、その性質上、デメリットと言える点があります。デメリットを知って、施術を希望する際には、注意するようにしましょう。

セルフホワイトニングは効果があるの!?今話題のセルフホワイトニングとは02

(1)セルフのため施術が面倒

自分で施術を行うというのは面倒なものです。セルフホワイトニング専門的に出向いてまで自分で施術を行うのは、手間がかかります。実際、「手間がかかる割に、白くならない」と感じる方も多いようです。

(2)トラブルが起きても対処できない

セルフホワイトニングは、自分で施術を行う事から、責任が自分にあります。歯科医院でのホワイトニングと違い、強い高濃度の薬剤を使うわけでは無いので、トラブルは起こりにくいですが、注意が必要です。安全性の高い薬剤を使用するといっても、体調が悪い時や、口の中に傷や虫歯がある時には、トラブルを起こす可能性があるので、注意しましょう。

(3)専門店をきちんと選ぶ事が必要

セルフホワイトニングを行う専門店は、最近になって急増しています。歯科医院と違って、専門家でなくても少ない資金で気軽に開業できるため、流行にのって始めた業者も多いようです。
使っている薬剤や効果の程度は店によって異なります。使う薬剤や機器などをよく確認してから行くようにしましょう。もし漂白効果のある薬剤を使用しているようであれば、薬事法の違反になります。

医療機関では無く、サロンやエステのような店舗なので、その実態は把握しきれていません。高額なコースなどをすすめてくるニュースもありましたので、セルフホワイトニングを希望する場合には、あらかじめ専門店をきちんと選ぶ事が大切です。

4.本当に歯を白くしたい人におすすめの方法

本当に歯を白くするホワイトニングは、歯科医院でしかできない医療行為に当たります。本当に歯を白くしたい場合には、歯科医院の「オフィスホワイトニング」また歯科医院で薬剤を処方する「ホームホワイトニング」、これら両方を同時に行う「デュアルホワイトニング」がおすすめです。

セルフホワイトニングは効果があるの!?今話題のセルフホワイトニングとは03

(1)オフィスホワイトニング

歯科医院で、ホワイトニング薬剤を塗布し、特殊な光を照射する事で、歯を白くする方法です。短時間でできるホワイトニング効果の高い方法です。
歯科医院によって使用しているホワイトニングシステムが異なり、効果も多少の差があります。当院では「Zoom ホワイトスピード」というホワイトニングシステムを採用しており、1回の通院で歯の白さを6段階〜8段階アップさせる事ができる最新のホワイトニングシステムです。

(2)ホームホワイトニング

歯科医院で、自分専用のマウスピースを作製後、自宅でマウスピースにホワイトニング剤を注入し、自分で装着するホワイトニング方法です。オフィスホワイトニングのように、すぐに効果が現れません。1日1時間の装着で、約2週間程度で効果が現れてきます。効果がすぐに現れない分、じっくり白くしていくので、白さが定着しやすいというメリットがあります。

(3)デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニング方法です。最も白くなり、白さを維持できる方法だといえます。オフィスホワイトニングだけでも十分に効果がありますが、アフターケアとしてホームホワイトニングを行う事で、歯の色が定着しやすくなり、より白い歯を手に入れる事ができます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。最近、話題になっているセルフホワイトニングですが、問題も多いホワイトニング方法です。歯科医院で行われている歯を白くするホワイトニング方法とは根本的に違う事を認識しておきましょう。歯の色を白く明るくする希望がある場合には、是非一度、歯科医院に相談してみてください。

関連記事