歯が茶色くなる原因は何?症状別対処方法を解説!

歯が茶色くなる原因としては「着色汚れ」が代表的ですが、それ以外にも様々な原因が考えられます。歯が茶色くなっている場合、その原因によって対処方法が異なります。本記事では、歯が茶色くなる原因と症状別の対処方法を紹介します。

画像1歯が茶色くなる原因は何

1.歯が茶色くなる原因を症状別に解説

(1)前歯の表面の茶色い汚れ

前歯の表面に付く茶色い汚れは、ほとんどの場合は着色汚れですが、虫歯で歯が茶色く見えている場合もあります。

a.歯の着色汚れ(ステイン)

歯が茶色くなる原因の多くは、歯の表面に付く“ステイン”といわれる着色汚れです。歯の表面のエナメル質に、飲食物などの色素が付着する事で起こります。同じ食事を摂っていても、すぐに着色汚れが付いてしまう人とそうでない人がいます。着色のしやすさは、歯の質や唾液の質とも関係しており、個人差があります。唾液の量は、加齢によって減少します。唾液の量が減少すると、着色も起こりやすくなります。
着色汚れの原因となる飲食物には次のものが挙げられます。

<原因となる飲食物>

  • カレーやソースなど色の濃い食べ物
  • 赤ワインやブルーベリなどポリフェノールを含むもの
  • 紅茶・緑茶などタンニン・カテキンを含むもの、コーヒー
  • スポーツドリンク、柑橘系の食べ物、お酢等の「着色補助食品」
画像2歯が茶色くなる原因は何

b.虫歯

虫歯というと黒いイメージが大きいですが、初期の虫歯や溶け始め(脱灰)の状態は、黄色〜茶色をしています。着色汚れのように歯の表面に色が付いていても、歯質が凹んでいる場合や、ザラザラとしている場合は虫歯かもしれません。

(2)歯と歯茎の間、歯の付け根の茶色い汚れ

歯と歯茎の間付近や、歯の付け根のあたりに茶色い汚れが付いている場合、「茶色い歯石」である可能性があります。

歯石には2種類あり、歯ぐきよりも上の部分に付着する「縁上歯石」と、歯ぐきの中である歯周ポケット内部に付着する「縁下歯石」があります。
「縁上歯石」は歯を同じような乳白色〜黄色をしていますが、「縁下歯石」は、赤褐色〜茶色をしています。
歯と歯茎の間付近や、歯の付け根あたりに茶色い汚れが付いている場合は、歯周ポケット内に付着する「縁下歯石」が見えているという可能性があります。

(3)歯の表面に縞模様や筋、まだら模様のような変色がある

歯の表面が、模様や筋のようになっている場合には、生まれつきの歯の変色である「テトラサイクリン歯」や「エナメル質形成不全」である可能性が高いです。

a.テトラサイクリン歯

歯の表面に、縞模様や筋のように変色がみられる場合には、「テトラサイクリン歯」である可能性が高いです。
「テトラサイクリン歯」とは、永久歯が顎の中で形成される時期(出生直後〜8歳頃)に、テトラサイクリン系の抗生物質を多量に投与された場合に起こる、生まれつきの歯の色の異常です。
茶色・黄色・オレンジ色で、グレーがかったような色をしており、左右対称の縞模様が見られる事が多いです。

b.エナメル質形成不全

エナメル質形成不全とは、歯の表面のエナメル質が正常に形成されていないものです。エナメル質形成不全では、色がまだらに変色する事が多く、黄色や茶色、濃い白色に変色している事が特徴です。重度になると、変色の他に、歯が欠けている・でこぼことしている・象牙質が露出しているなどの症状がみられます。

(4)歯が全体的に茶色く変色

歯の色が全体的に茶色く、暗い色に変色している場合には、外部からの着色では無く、歯自体が変色を起こしている可能性があります。神経が死んでしまった歯の変色、加齢による変色が考えられます。

a.歯の神経が死んでしまうと起こる

虫歯の治療で歯の神経を抜いた場合や、外傷などで歯の神経が死んでしまう事があります。歯の神経が死んでしまうと、新陳代謝がなくなるため、古い組織がそのまま残り、次第に暗い色に変色していきます。歯が全体的に、茶色〜グレー色になります。

b.加齢によるもの

年を重ねると、肌の老化と同じように、歯質も変化します。加齢により歯の象牙質は、色が濃くなってゆき、エナメル質は徐々に擦り減り薄くなります。この2つの相互作用により、象牙質の黄ばみが透けて目立つようになり、歯が茶色くなったように感じます。

2.治療/改善方法

画像3歯が茶色くなる原因は何

(1)着色汚れの場合

着色汚れには、歯科医院で受ける事ができる歯の表面のクリーニング(PMTC)が効果的です。PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が、専用の機械を使って歯をクリーニングする方法です。ブラシやシリコン製の専用チップで歯の表面を磨き、普段の磨き残しのプラークや、歯に付着した着色汚れを除去する事ができます。着色が取れて美しくなる上、虫歯や歯周病の予防にもなるので、定期検診と合わせて、定期的に受ける事をおすすめします。

ただし、着色が歯質内部にまで浸透している場合は、薬剤で歯を白くする「ホワイトニング」が必要になります。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」か、自宅でマウスピースを装着して行う「ホームホワイトニング」があります。

(2)虫歯の場合

虫歯で歯が茶色くなっている場合には、穴が空いていなくても、できるだけ早く虫歯治療を受ける必要があります。虫歯は、自然に治る事はありません。放置していると、どんどん進行していきますので、早めに受診するようにしましょう。歯の溶け始めのごく初期の段階であれば、きちんと経過観察をして進行の予防をしていけば、歯を削らなくて済む場合もあります。
歯の表面が薄く変色しているだけであれば、経過観察か簡単な治療で済む可能性が高いです。早めの受診が必須です。
もし他の虫歯でない健康な歯も白くしたい場合は先にホワイトニングをおこない、その後にその白くなった歯に合わせて白い詰め物をするといった順番がおすすめです。先に虫歯の治療をおこないその後にホワイトニングをすると、その詰め物の色だけ色が残ってしまい再び詰め直さなければいけなくなってくるからです。

(3)歯石沈着の場合

歯石は、自分では除去する事ができませんので、歯科医院で歯石除去を受ける必要があります。特に茶色〜黒色の縁下歯石が付着している場合には、歯周ポケットが深くなり、歯周病が進行している可能性があります。放置しておくと、どんどん歯周病は進行していってしまいますので、早めに歯石除去を受け、歯周病治療を開始するようにしまそう。

(4)テトラサイクリン歯の場合

テトラサイクリン歯の場合、通常の歯に比べて、ホワイトニングでは十分な効果が現れない事があります。変色が軽度の場合は、歯科医院で行うオフィスホワイトニングで標準的な色に近づける事も可能ですが、短期間で後戻りしやすいため、継続的なメンテナンスが必要になります。
オフィスホワイトニングで思うような効果がでない場合でも、ホームホワイトニングであれば効果がでる事もあります。ジェルの追加購入で継続的にホワイトニングを行う事ができるので、経済的です。

変色が重度の場合や、ホワイトニングで十分な効果が見込めない場合には、セラミックの被せ物や、歯に貼付けるタイプのラミネートベニアを装着する方法があります。

(5)エナメル質形成不全の場合

セラミックの被せ物や、ラミネートベニアを装着する事で、歯を白くする事ができます。エナメル質形成不全の場合、ホワイトニングでは、歯がしみたり痛んだりする事があるので、ホワイトニングは適用できない事があります。

(6)歯の神経が死んで変色している場合

神経が死んでしまった歯は、従来のホワイトニングを行っても、効果が現れにくい事があります。そのような場合、歯を削って歯の内部に漂白薬を入れて、歯を白くする方法があります。希望の色に近くなるまで、数回、薬を取り替えて、最終的に蓋をします。
セラミックの被せ物やラミネートベニアを装着する方法も効果的です。

(7)加齢により変色している場合

ホワイトニングにより、歯の色を白くする事ができます。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」、自宅でマウスピースを装着して行う「ホームホワイトニング」いずれか、または両方を、自分に合った方法で行うのが良いでしょう。
当院のオフィスホワイトニングは「Zoomスピードライト」を使用しており、1回の効果が高いので、オススメです。

3.着色汚れを防ぐために自分でできる3つのこと

  • 着色の原因となる飲食物を控える
  • 喫煙を控える
  • 着色除去用の歯磨き粉を使う

歯磨き粉を使う際には、成分に注意してください。研磨剤が多く含まれているものでは、歯の表面を傷つける恐れがあります。きちんと使用方法を守って使いましょう。歯科医院で販売しているホワイトニング用歯磨き粉もおすすめです。

4.まとめ

歯が茶色くなる原因は、着色汚れによるもの以外にも次のような原因が考えられます。

  • 虫歯
  • 縁下歯石
  • テトラサイクリン歯
  • エナメル質形成不全
  • 歯の神経が死んでしまっている
  • 加齢

茶色くなる原因によって、対処方法は異なります。原因に応じた正しい対処方法を行い、白く美しい歯を手に入れましょう!

関連記事