【読めば分かる】ホワイトニングができる歯医者選びのポイント

歯を白くしたい時、かかりつけの歯科医院が無い場合や、かかりつけ歯科医院でホワイトニングを行っていない場合、どこに行ったら良いのか、迷ってしまいますよね。一昔前と違い、最近はホワイトニングをできる歯医者さんがとても増えていますが、ホワイトニングに関する知識がない状態では歯医者選びに苦労します。

本記事では、ホワイトニングをする歯医者さんを選ぶ時のポイントを詳しく解説していきたいと思います。

画像1ホワイトニング歯医者

1.歯医者さんでできるホワイトニングの種類

“歯のホワイトニング”がメジャーになってきた昨今、サロンやエステのような所でも、ホワイトニングを行う事が増えています。
しかし、ここで注意してもらいたいのは、歯科医院でできるホワイトニングと、サロンやエステのホワイトニングは、全く別ものだという事です。それぞれのホワイトニングの内容は次のようになります。

(1)歯科医院でできるホワイトニング

歯科医院では「過酸化水素」を使ったホワイトニングを行う事ができます。「過酸化水素」は漂白の働きをし、高い効果が期待できますが、歯科医師の免許を持っていなければ、取り扱う事ができません。
また、歯科医院では、歯の表面を徹底的にクリーニングした後に、ホワイトニング剤を作用させるため、薬剤が浸透しやすく高い効果が期待できます。ホワイトニング方法には、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。

a. オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で、歯にホワイトニング剤を塗布した後、特殊な光を照射して、歯を白くする方法です。「過酸化水素」が含まれたホワイトニング剤により、1回の施術で高い効果が期待できます。

一口にオフィスホワイトニングと言っても、多数のホワイトニングシステムがあります。歯科医院によって、使用しているホワイトニングシステムが異なり、効果の現れ方や費用も違うので、事前に確認が必要です。

b. ホームホワイトニング

歯科医院で、自分専用のマウスピースを作製した後、自宅に持ち帰り、マウスピースにホワイトニング剤を注入し、歯に装着して、歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングと比較して、効果の現れ方は緩やかです。即効性はありませんが、じっくりゆっくり白くしていくので、色戻りが少ないのが特徴です。
ホームホワイトニングは、自分で調整して行う事ができます。白さに満足したら、その段階で、使用をストップする事ができます。逆に、理想の白さにならない場合には、ジェルを追加で購入すれば、ホワイトニングを継続する事が可能です。
オフィスホワイトニングのアフターケアとして、ホームホワイトニングを併用して行うと、オフィスホワイトニング得た歯の白さをキープし、色戻りを防ぎます。継続する事で、更に歯を白くする事も可能です。

(2)サロンやエステのホワイトニング

サロンやエステでも、歯のホワイトニングをうたっている所が増えています。法律上、施術のために歯を触って良いのは、歯科医師と歯科衛生士です。他の者が触る事は違法となります。サロンやエステで行っているホワイトニングは、「セルフホワイトニング」と言われる方法で、法律の抜け道ともいえる方法です。
「セルフホワイトニング」は、サロンやエステに出向き、自分自身で歯に薬剤を塗り、ライトを照射する方法です。すべて自分で行わなくてはならないので、手間がかかる上に、全て自己責任で行わなくてはなりません
また、歯を白くする「過酸化水素」は取り扱う事ができないので、「ポリリン酸」「メタリン酸」「炭酸水素ナトリウム(重曹)」など、歯磨き粉にも含まれるような成分が入った薬剤を使います。正確には、歯の表面の汚れを浮かせて除去する事はできますが、歯自体をホワイトニングする事はできません。

画像2ホワイトニング歯医者

2.選び方のポイントと注意点

どこでホワイトニングを行うか選ぶ時に、参考となるポイントと注意点を紹介していきます。

(1)値段で選ぶ

「どうせ白くなるなら安い方がいい」と考える人が多いでしょう。しかし、歯のホワイトニングは、値段の安いものと高いもの、同じではありませんので注意しましょう。
ホワイトニングは、自費治療となり、価格は歯科医院毎に決める事ができます。そのため、各歯科医院で価格に差がある場合がありますが、そもそも使っているホワイトニングシステムが違う場合があるので、よく確認するようにしましょう。
低価格を売りにしているホワイトニングの広告に注意しましょう。例えば、サロンやエステで行われる「セルフホワイトニング」は、相場が3000円〜5000円と低価格ですが、歯自体を白くする事はできません。ホワイトニングというよりは、歯のクリーニングに近いと考えるのが良いでしょう。

(2)ホワイトニングシステムで選ぶ

歯科医院で行うオフィスホワイトニングには、様々なホワイトニングシステムがあります。それぞれ効果の現れ方や費用が異なります。歯科医院によっては、1万円を切るような低価格のオフィスホワイトニングもありますが、1回の効果が低く、希望の白さになるまでに、数回の施術が必要な場合もあります。代表的なホワイトニングシステムには次のものがあります。

a. ズーム

1回の施術で、4〜6段階白くする事ができます。ホワイトニング効果が高いのが特徴です。料金は1回3万円〜5万円程度です。当院では、ズームの中でも最新型のライトを用いた「Zoomホワイトスピードライト」を使用しています。1回の効果が高く、1度の通院で、白く美しい歯を手に入れる事ができます。

b. ビヨンド

1回の施術で2〜3段階白くする事ができます。料金は1回1万円〜3万円程度です。安価なハロゲンライトを使っているので、比較的安く施術を受ける事ができます。

c. ティオン

1回の施術で約3段階白くする事ができます。料金は2万5000円〜5万円程度です。

<当院のZoomホワイトスピードライトをおすすめする理由>

Zoomホワイトスピードライトは、他のホワイトニングシステムと比較して、1回の効果がとても高いのが特徴です。1万円を切る低価格の効果の弱いホワイトニングと違い、厳しい審査にクリアした世界中で認められた安心・安全なホワイトニングです。現在、日本でZoomを受けられる所はほとんどありません。

(3)ホームホワイトニングの薬剤で選ぶ

ホームホワイトニングの薬剤は、一般的に「過酸化尿素」が使われています。当院のホームホワイトニングは、薬監申請で認可を得て「過酸化水素」のホームホワイトニング薬剤を取り扱っております。

<当院のホームホワイトニングをおすすめする理由>

一般的な「過酸化尿素」のホワイトニングの場合、寝ている間ずっとマウスピースを装着しなくてはならないので、装着時の違和感が不快になり、途中で止めてしまう人もいます。
当院の「過酸化水素」のホームホワイトニングでは、1日1時間程度の装着で問題ありません。2週間装着すれば、オフィスホワイトニングと同様、白い歯を手に入れる事ができます。

(4)ホワイトニング専門歯科と一般歯科

ホワイトニングは、「ホワイトニング専門歯科」と、「一般歯科」でも受ける事ができます。ホワイトニングは専門の歯科医院でなくても、虫歯などの治療をメインとする一般歯科医院でも受ける事ができます。当院はホワイトニング専門歯科医院です。専門の歯科医院で施術を受けるメリットをいくつか紹介したいと思います。

<ホワイトニング専門歯科で施術を受けるメリット>

  • 安い料金
    ホワイトニング専門歯科では、一般診療で使うレントゲンや薬剤などのコストを省く事ができ、ホワイトニングに必要な機器や薬剤のみを大量に購入するため、一般の歯科医院よりも、安くホワイトニングを提供する事ができます。
  • 高い技術
    ホワイトニング専門歯科では、一般歯科と比べて、ホワイトニングを受ける患者さんの数が圧倒的に多くなります。経験数が違うので、それだけ技術にも差がでてきます。
  • 効果の高い薬剤
    ホワイトニング薬剤「過酸化水素」の効果を最大限に発揮するためには、なるべく鮮度の高い薬剤を使用する事が大切です。ホワイトニング専門歯科では、薬剤の消費量が多いため、いつでも鮮度の高い薬剤を使用する事ができます。
画像3ホワイトニング歯医者

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホワイトニングができる歯医者の選ぶ時に、参考にするべきポイントは次の4つです。

  • 値段
  • ホワイトニングシステム
  • ホームホワイトニングの薬剤
  • ホワイトニング専門歯科か一般歯科

ホワイトニングは、どこでやっても同じというわけではありません。希望とするホワイトニング方法を行っている歯科医院を選びましょう。当院は、ホワイトニングを専門としているので、本当に歯を白くしたい方には、当院のホワイトニングを、自身を持っておすすめします!

関連記事