【ホワイトニング選びの基礎知識】安いだけでホワイトニング方法を選ばない

ホワイトニングを希望する方の中には、「できるだけ安く白くしたい!」そう考えている方も多いのではないでしょうか。同じホワイトニングなら、安い方が良いと考えるのは当然です。
しかし実は、一口に“ホワイトニング”と言っても、様々な方法があります。中には、安いだけでなかなか白くならないものもあるので、注意が必要です。

まずはホワイトニングの種類とその費用について解説します。

画像1ホワイトニング安い

1.ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、大きくわけて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトイング」があります。一般的にイメージする事が多い、歯科医院でライトを当てて歯を白くする方法は、「オフィスホワイトニング」です。

この他、最近話題になっている方法で「セルフホワイトニング」という方法があります。「セルフホワイトニング」は、“ホワイトニング”という名前が付いているので、歯が白くなるホワイトニングだと思われる事が多いですが、実際には、歯の表面の汚れを取る「クリーニング」に近い方法なので注意が必要です。それぞれについてもう少し詳しく解説したいと思います。

(1)オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で施術する方法です。歯にホワイトニング剤を塗布した後、特殊な光を照射して歯を白くする方法です。1回の施術で、効果が現れやすい方法です。ただし、オフィスホワイトニングの中には、多くのホワイトニングシステムがあり、使用しているホワイトニングシステムによって、費用や効果が異なります。費用は1万円〜5万円程度と幅があります.
歯科医院によって使用しているホワイトニングシステムは異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

(2)ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院で歯の型取りを行い、自分専用のマウスピースを作製した後、自宅でホワイトニング剤を注入したマウスピースを装着して歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングと比較して、効果が現れるのに時間がかかりますが、じっくり白くしていくので、色戻りが起こりにくいというメリットがあります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方を併用する「デュアルホワイトニング」という方法もあります。両方のメリットを兼ねているので、早く効果が現れやすく、色戻りが起こりにくくなります。

(3)セルフホワイトニング

最近話題になっているホワイトニング方法に「セルフホワイトニング」というものがあります。「セルフホワイトニング」とは、エステのような所に行き、自分で歯にホワイトニング剤を塗布し、ホワイトニングを行う方法です。

日本では法律上、歯科医師と歯科衛生士以外は、口の中を触れる事ができませんので、医療機関以外では、従来のホワイトニングを行う事ができません。「セルフホワイトニング」は、自分自身で施術をしてもらう事で、抜け道ともいえる方法です。

本当に歯を白くしたいということであれば、安いだけでセルフホワイトニングは選ばずに他の方法を選択することをおすすめします。

2.オフィスホワイトニングの費用と効果

オフィスホワイトニングの費用は、1万円〜5万程度です。価格が安いものと高いものは同じではありません。安いものでは、1回の効果が少なく、希望の白さになるまでに数回の施術が必要になる場合もあります。

オフィスホワイトニングには、多くのホワイトニングシステムがあり、システムによって、費用と効果が異なります。当院は「Zoomホワイトスピードライト」という1回の効果が高いシステムを採用しています。代表的なホワイトニングシステムをいくつか紹介していきたいと思います。

(1)ズーム

1回の施術で4〜6段階白くする事ができる、ホワイトニング効果の高いシステムです。料金の相場は、1回3万円〜5万円程度です。当院では、Zoomの中でも最新型LEDライトの「Zoomホワイトスピードライト」という最新のホワイトニングシステムを使用しています。1回の通院で、6〜8段階白くする事ができます。当院での価格は31,900円です。

(2)ビヨンド

1回の施術で、2〜3段階白くする事ができます。料金の相場は、1回1万円〜3万円程度です。安価なハロゲンライトが使用されているため、比較的安く施術を受ける事ができます。

(3)ティオン

1回の施術で、3段階程度白くする事ができます。料金の相場は、1回2万5000円〜5万円程度です。

ビヨンドやティオンを使用している歯科医院も多いです。1回の費用がズームと比較して割安ではありますが、効果の程度は低くなるため、満足のいく白さにするためには、数回の通院が必要になる場合があります。

画像2ホワイトニング安い

3.ホームホワイトニングの費用と効果

ホームホワイトニングにもいくつか種類があります。代表的なものでは、「オパールエッセンス」「ナイトホワイトエクセル」「スーパーホワイトプロ」「ティオン」などがあります。効果の現れ方は、オフィスホワイトニングと比較すると、緩やかになります。費用は、どのホームホワイトニングでもあまり差が無く、マウスピースと合わせて3万円程度です。

当院で使用するホームホワイトニングは、他と比べて短時間で効果が現れやすくおすすめです。

<当院のホームホワイトニングについて>

通常、日本の歯科医院で取り扱っているホームホワイトニング薬剤は「過酸化尿素」です。当院では薬監申請という書類で認可を得ているため、オフィスホワイトニングで使われる薬剤と同様の「過酸化水素」のホームホワイトニング薬剤を取り扱っています。短時間で効果が現れやすいのが特徴で、日本で取り扱っている所はほとんどありません。
一般的な「過酸化尿素」の薬剤は、効果を出すために、寝ている間ずっとマウスピースを装着しなくてはなりませんが、当院のホームホワイトニングは、1日1時間の装着で問題ありません。これは非常に大きなメリットで、マウスピース装着時の不快感が少なくて済みます。

4.セルフホワイトニングの費用と効果

セルフホワイトニングは、他のホワイトニングと比較すると低価格で、一般的な相場は3000円〜5000円程度です。安さを魅力に感じる人が多い事から、最近話題になっています。しかしその実態は、ホワイトニングでは無く、“クリーニング”です。“ホワイトニング”という言葉が使われているので、歯が白くなると思われがちですが、実際には、歯の表面の汚れを落とすものになります。エステサロンのような所で、歯の表面をきれいにする所だと考えるとわかりやすいでしょう。

歯の表面の汚れが取れた事で、「歯の色が白くなった」と感じるかもしれませんが、歯自体の色は変わっていません。
薬剤の成分については、ホワイトニングで使われる「過酸化水素」は使われておらず、「ポリリン酸」「メタリン酸」「炭酸水素ナトリウム(重曹)」など、歯磨き粉に含まれているものと同じような成分が使われています。値段は安いですが、ホワイトニング効果の無い方法だと考えた方が良いでしょう。

画像3ホワイトニング安い

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ホワイトニング方法には、様々な種類があり、価格も数千円〜5万円程度まで幅広く設定されています。そして効果の現れ方も、ホワイトニング方法によって差があります。ただ「安いから」という理由だけで選ぶと、思うような効果が現れない事があります。
当院では、本当に歯を白くする事ができるホワイトニング方法「Zoomホワイトスピードライト」を低価格で提供しています。丁寧なカウンセリングと確実な施術で、安心してホワイトニングを受けていただく事ができます。

関連記事